アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 虹色侍、海でダンサーと「歌ってみた」披露 撮影で歌詞飛ばすも「2時間で作詞作曲」

虹色侍、海でダンサーと「歌ってみた」披露 撮影で歌詞飛ばすも「2時間で作詞作曲」

 YouTubeで活動する2人組の人気アーティスト・虹色侍が、今月8日からオリジナル動画「『ゆうちょPay』を“わかりやすく歌ってみた”」シリーズを公開した。

【写真】その他の写真を見る


 YouTuberのコンテンツとして今や定番となっている「歌ってみた」動画。『米津玄師back numberっぽくアレンジしてみた』の作り手である虹色侍は、ずま、ロットの2人組で「テーマさえあれば5秒で曲を作れる」という即興作曲を武器に活動している。

 特に、彼らの「○○を○○っぽくしてみた」シリーズでは、米津玄師やWANIMA、back numberといったアーティストの楽曲をレゲエ、HIPHOP、R&B、ポップスなど様々な音楽ジャンルにアレンジし、人気を博している。

 新CM動画で虹色侍は「ゆうちょPay」というQRコードとスマートフォンを使ったゆうちょの新しいスマホ決済アプリをテーマに全5曲を作詞作曲。楽曲はシティポップ、R&B、ジャマイカ、ファンクへのアレンジで披露した。加えて、今回はジャンルに合わせたカラフルな衣装を身にまとい、ダンサーと共に海やプール、街中でのロケに挑んだ。

 虹色侍にとって本格的な動画撮影は初挑戦であったが、ずまは「2時間で作詞作曲して、4時間でデモ録音をしました」とCM曲でも普段通りの即興実力を発揮。一方でロットは「R&Bやジャマイカなど、コード進行を勉強しました」と準備に時間をかけたが「撮影の時は緊張のあまり歌詞が頭にあまり入ってこなくて、飛んでしまって…」と苦労も語った。

 ゆうちょPayについて、ロットは「友達との飲み会で、『今日の支払いはゆうちょPayで』っておごりたいですね。自身が出演した自慢もできるので」と新サービスに乗り気だった。

 同CMは5月8日からWEBで公開されている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 虹色侍の新作『ゆうちょPay』を“ジャマイカっぽく歌ってみた”
  • 虹色侍の新作『ゆうちょPay』を“ジャマイカっぽく歌ってみた”
  • 虹色侍の新作は『ゆうちょPay』を“ジャマイカっぽく歌ってみた”
  • 虹色侍による『ゆうちょPay』を“ファンクっぽく歌ってみた”
  • 虹色侍による『ゆうちょPay』を“ファンクっぽく歌ってみた”
  • 虹色侍による『ゆうちょPay』を“R&Bっぽく歌ってみた”
  • 虹色侍による『ゆうちょPay』を“シティポップっぽく歌ってみた”

オリコントピックス