アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『パーフェクトワールド』Pインタビュー 減少傾向にある恋愛ドラマへの挑戦の裏に、主演・松坂桃李への絶大な信頼

『パーフェクトワールド』Pインタビュー 減少傾向にある恋愛ドラマへの挑戦の裏に、主演・松坂桃李への絶大な信頼

 4月クールの関西テレビ制作のドラマ『パーフェクトワールド』は、障がいで恋を諦めた建築士の主人公・鮎川樹(松坂桃李)と、樹に憧れを抱いていた高校時代の同級生・川奈つぐみ(山本美月)が紡ぐ愛の物語だ。キャスティング等の制作の裏話や、近年、減少傾向にあるラブストーリーに対する考えを河西秀幸プロデューサーに聞いた。

【写真】その他の写真を見る


◆“カンテレらしい”社会性含む恋愛ドラマ、キモは「キャスティング」に

 関西テレビ制作のドラマが、火曜22時から21時枠へと移動したのは、16年10月期からのこと。もちろん以前からも言えることだが、移行後はより『後妻業』→介護、老人の孤独問題、『明日の約束』→毒親問題、『健康で文化的な最低限度の生活』→生活保護、『FINAL CUT』→SNS等のネットの怖さなど、物語に社会性を盛り込んだ作品が目立つ。河西氏も以前より、「カンテレとしてラブストーリーをやるなら、社会に問いかけるような作品をやりたいと考えていた」といい、そんななかで出合ったのが有賀リエ氏の同名原作コミックだった。

「普段生活しているなかで、車いす生活を送る方を見かけることはあっても、その実態までは知らない。この作品は、障がいを抱えた方のリアルな生活を描きながら、王道のラブストーリー、普遍的な物語として描かれていて、まさにカンテレのドラマとしてふさわしいと考えました」

 ラブストーリーを展開していくうえで、キモになるのは「キャスティング」と河西氏。主演には、15年10月期の『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』で現場を共にした松坂桃李に声をかけた。

「少年役、映画『不能犯』(18年)のような悪役、ドラマ『この世界の片隅に』等の素朴な青年役など、実は数多くの役柄をこなしている松坂さん。昨年、30歳を迎えましたが、30歳という年齢は色気や味が出てくる時期でもあります。障がいを乗り越えたような達観した部分と、事故以降の惨めな自分を引きずっている微妙な揺れ具合を見事に表現できるのではないかと考えました。ただ30歳の良い時期の俳優さんで、ラブストーリーに難色を示される事務所さんは多い。今回、快諾いただいた松坂さん側には大変、感謝しております」

 そして、恋人役には山本美月。その起用理由について、「ピュアゆえに痛みを負っていくという役柄ですが、以前『嘘の戦争』(17年)でも似た役を演じていただいており、気持ちだけで突っ走っていく部分など、原作のつぐみに近い印象が山本さんにはありました」と河西氏は語る。

◆菅田×米津の主題歌は、物語をしっかりと支えてくれる「心強い存在」

 主題歌「まちがいさがし」は、菅田将暉のために米津玄師が作詞・作曲、プロデュースを手がけた楽曲だ。

「このタイミングでこの組み合わせが起こったのは本当にミラクルで、米津さん独特のメロディーラインに菅田さんの切ない歌声が映え、物語をしっかり支えてくれています。最近は主題歌と共にドラマが盛り上がっていく流れもできてきているので、そういった意味でもこの曲は心強い存在です」

 昨今、連続ドラマでは「ラブストーリー」が減少傾向にあるが、そのことについてはどう考えているのだろうか。

「恋愛ものは、世帯視聴率でいえば高い数字が狙いづらいジャンル。ですが、ここ最近の恋愛ドラマのバズり方を見てもわかるように、熱量の高いジャンルであり、若い人たちは良質なラブストーリーをもっと求めているように感じることもあります。視聴者の方が待っているのであれば、そこにボールを投げるのが我々の使命ですよね」

 最後にメッセージをもらった。

「今は面白いドラマが本当に多く、連ドラへの興味関心も高まっている印象も受けます。作品を通して各局のスタッフが切磋琢磨しているように私には見えていますし、面白い作品を観た時は、正直、悔しさや羨ましさを感じることもあります。カンテレとしては、引き続き『こういうの、よくやるよな』と思えることにも挑戦していきたい。業界全体でドラマを盛り上げていけたら、嬉しいですね」

文/衣輪晋一

●河西秀幸(かさい ひでゆき)
2002年に関西テレビ放送に入局。大阪でバラエティ制作を経験し、東京異動後に本格的にドラマ制作に携わる。『ハングリー!』(12年)、EXILE・AKIRA主演の『GTO』シリーズ、『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』、『銭の戦争』(共に15年)、『嘘の戦争』、『明日の約束』(共に17年)など、数々の話題作をプロデュースしている。

関連写真

  • 松坂桃李主演のドラマ『パーフェクトワールド』(関西テレビ・フジテレビ系)5月7日放送の第3話より (C)カンテレ
  • 5月7日放送の第3話より (C)カンテレ
  • 5月7日放送の第3話より (C)カンテレ
  • 松坂桃李主演のドラマ『パーフェクトワールド』(関西テレビ・フジテレビ系)5月7日放送の第3話より (C)カンテレ
  • 松坂桃李主演のドラマ『パーフェクトワールド』(関西テレビ・フジテレビ系)より (C)カンテレ
  • 松坂桃李主演のドラマ『パーフェクトワールド』(関西テレビ・フジテレビ系)キービジュアル (C)カンテレ

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年5月20日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年5月20日号

<COVER STORY>
福田要氏(北海道ボールパーク代表取締役社長)
「北海道のシンボルとなる
 “共同創造空間”を構築したい」

<SPECIAL ISSUE>
音楽・映像・書籍 月間マーケットレポート4月度
書籍市場全体が3ヶ月連続で前年比超えを記録

お問い合わせ

WEBサイト『ORICON NEWS』、エンタメビジネス誌『コンフィデンス』 メディア営業スタッフ募集

オリコントピックス