アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • えなこ『賭ケグルイ』で映画初出演 「エンドロールの名前を見て感動しました」

えなこ『賭ケグルイ』で映画初出演 「エンドロールの名前を見て感動しました」

 女優・浜辺美波主演の『映画 賭ケグルイ』(5月3日公開)に“日本一のコスプレイヤー”との呼び声の高いえなこが出演していることが22日、わかった。えなこにとっては本作が映画初出演となり「エンドロールに自分の名前が載っているのを見て感動しました」と喜びのコメントを寄せた。

 もともと『賭ケグルイ』シリーズの大ファンだというえなこは、2017年のコミックマーケットで浜辺演じる主人公・蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)のコスプレを披露した。今作では、生徒会と対立する組織・ヴィレッジの歩火樹絵里(あるきび じゅえり)を演じる福原遥とギャンブルバトルを熱演。勝負には敗れるも、顔をゆがませながら悔しがるかわいさとリアルさが混ざった演技を見せ「みなさんが一度も見たことのないような顔をしたと思うので、表情を見ていただけるとうれしいです」と胸を張る。

 えなこは「『映画に出てみたい』という憧れはあったものの諦めていたのですが、お話をいただけて本当にうれしかったです」と笑顔。「(物語の舞台)私立百花王学園が本当に存在するんじゃないかと思うくらいリアルだったので、あのまま制服を着て学園に通いたかったです。みなさんはとにかく優しくて、和気あいあいとした雰囲気だったのですが、カメラが回るとキャラクターたちが乗り移ったのかと思うような空気に変わったので衝撃を受けました」とキャスト陣の対応力への驚きを語った。

 同学園には財政界の子女が通い、ギャンブルの強さによって生徒の階級が決められる。学園に転校してきた謎多きギャンブル狂の美少女・夢子と、学園を支配する生徒会長・桃喰綺羅莉(ももばみ きらり/池田エライザ)の勝負の期待が高まっていた。一方で、映画オリジナルの設定として登場する“非ギャンブル”を掲げる白装束集団・ヴィレッジが台頭。夢子を危険分子と考え、ヴィレッジの解体を狙う生徒会は、全校生徒を巻き込んだ史上最大のギャンブルバトル「生徒代表指名選挙」の開催を宣言する。

関連写真

  • 『映画 賭ケグルイ』よりえなこの出演場面(C)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会
  • 『映画 賭ケグルイ』に出演しているキャスト陣がずらり(C)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会
  • 『映画 賭ケグルイ』よりえなこの出演場面(C)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会

オリコントピックス