アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 中村倫也、実写映画『アラジン』で主人公・アラジン役「珍しく鳥肌が立った」

中村倫也、実写映画『アラジン』で主人公・アラジン役「珍しく鳥肌が立った」

 ディズニーの名作を実写映画化する『アラジン』(6月7日公開)のプレミアム吹替版(せりふも歌も完全に吹替をした日本語版)キャストとして主人公のアラジンを俳優の中村倫也、自由に憧れるジャスミンをミュージカル女優・木下晴香が務めることが10日、発表された。

【写真】その他の写真を見る


 アニメーション映画『アラジン』は、人生を変えるチャンスを待つアラジンと新しい世界に飛び出したいジャスミンの、身分違いのロマンスと3つの願いを叶える魔法のランプをめぐる冒険、そしてランプの魔人ジーニーのコミカルな魅力が爆発的な人気を集め、さらには映画史に残る名曲を生み出し、1992年(日本では93年)に公開された映画の世界興行収入1位にも輝き、今なお語り継がれるディズニー不朽の名作。

 実写版ではエジプト出身の俳優メナ・マスードがアラジン役、ディズニー・プリンセスとしても人気が高い、自由を求める王女ジャスミン役にはナオミ・スコット。ランプの魔人・ジーニーは『メン・イン・ブラック』シリーズや『スーサイド・スクワッド』など、メガヒット作品に出演しているウィル・スミスが演じる。ジーニーの吹替をアニメーション版に続き、声優・山寺宏一が担うことが先月発表されていた。

 中村は「自分が携わる仕事で、感じたことのない感動がありました。小さい頃から知っている名曲に自分が歌って吹き込んで完成版を観たとき、珍しく鳥肌が立ちましたね」と喜び「アラジンはジャスミンを誘って、いろんな世界を見て回ろうという、優しさと強さ、ちょっとした強引さがありながら素敵な体験をさせてあげる。そういう幸せな気持ちやキラキラした感情がいっぱいのシーンになればいいなと思って吹替をしました」と収録を振り返った。

 木下は「すごくうれしいです。まだどこか信じられていない自分がいるのに、ここにいる状態」と『アラジン』のテーマ“願い”にかけて「思い続ければ願いはかなう!」と力強く喜びを表現した。

 中村は、確かな演技力をもって、街の人々や魔人、王女までをも魅了するアラジンを最大限に引き出せること、木下はミュージカルでメインキャストを務めている実績や、ジャスミンのもつ自立心と好奇心、気品あふれた雰囲気と声をポイントに起用。されに93年にゴールデングローブ賞最優秀主題歌賞を獲得した名曲「ホール・ニュー・ワールド」がアラジン、ジャスミンの歌声とぴったりはまったことが、起用の最大の理由となった。

関連写真

  • 実写映画『アラジン』でスペシャル吹替版を担当した(左から)木下晴香、中村倫也(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 実写映画『アラジン』でスペシャル吹替版を担当した(左から)木下晴香、中村倫也(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 実写映画『アラジン』のメインショット(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 実写映画『アラジン』より場面ショット(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019