アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ジャンプ×マガジン、2大ライバル誌が初タッグ「きのうの敵はきょうの友」 期間限定サイト開設

ジャンプ×マガジン、2大ライバル誌が初タッグ「きのうの敵はきょうの友」 期間限定サイト開設

 日本の漫画誌をけん引する集英社、講談社が8日、都内で記者会見を行い、史上初の共同プロジェクトを発表。『週刊少年ジャンプ』(集英社)、『週刊少年マガジン』(講談社)がコラボした期間限定WEBサイト『少年ジャンマガ学園』を開設した。1日には“エイプリルフールネタ”として、公式ツイッターにて『少年ジャンマガ』の誕生を発表していたが、2大ライバル誌のタッグが現実のものとなった。

【写真】その他の写真を見る


 「若い世代に漫画を読む機会を増やしてほしい」という共通意識から生まれた初タッグ。「漫画の学校」をコンセプトに、『週刊少年ジャンプ』、『少年ジャンプ+』、『週刊少年マガジン』、『別冊少年マガジン』、『マガジンポケット』の計5媒体で掲載されている約150タイトル(8日時点)を無料掲載する。

 同サイトは、きょう8日から6月10日まで公開。利用者を「22歳以下対象」とし、サイトに初めてアクセスした際に「生まれた年」を入力する必要がある。

 『週刊少年ジャンプ』の中野博之編集長は「マガジンとジャンプがタッグを組んだ!? エイプリルフールみたいなニュースだけど、ウソじゃありません!」と興奮気味にコメントを寄せ、『週刊少年マガジン』の栗田宏俊編集長も「ライバル同士がタッグを組むなんて、まさに少年漫画みたいなことが起こってしまいました! きのうの敵はきょうの友。心強い相棒です」と、強力コラボを歓迎している。

 『週刊少年マガジン』は1959年、『週刊少年ジャンプ』は1968年に前身の『少年ジャンプ』として創刊。各誌とも創刊60&50周年記念企画などを展開している。

 両誌を愛読しているお笑いタレントのケンドーコバヤシは「夢のようなコラボ。今まで考えられなかったことですよ!」と興奮気味に語り「それぞれのキャラクターが共闘する特別企画があったら少年たちも盛り上がると思う」と、今後の展開にも期待していた。

関連写真

  • 『週刊少年ジャンプ』(集英社)と『週刊少年マガジン』(講談社)の強力コラボを歓迎した(左から)中野博之編集長、ケンドーコバヤシ、栗田宏俊編集長 (C)ORICON NewS inc.
  • 期間限定WEBサイト『少年ジャンマガ学園』が開設(C)少年ジャンマガ学園製作委員会
  • 『週刊少年ジャンプ』(集英社)と『週刊少年マガジン』(講談社)がコラボした期間限定WEBサイト『少年ジャンマガ学園』共同プロジェクトの記者会見に出席した(左から)中野博之編集長、ケンドーコバヤシ、栗田宏俊編集長 (C)ORICON NewS inc.
  • 期間限定WEBサイト『少年ジャンマガ学園』が開設(C)少年ジャンマガ学園製作委員会
  • 期間限定WEBサイト『少年ジャンマガ学園』イラストコンテスト(C)少年ジャンマガ学園製作委員会
  • 期間限定WEBサイト『少年ジャンマガ学園』のコンセプト(C)少年ジャンマガ学園製作委員会
  • 期間限定WEBサイト『少年ジャンマガ学園』のマンガリレー(C)少年ジャンマガ学園製作委員会
  • 期間限定WEBサイト『少年ジャンマガ学園』の学園イメージ(C)少年ジャンマガ学園製作委員会
  • 期間限定WEBサイト『少年ジャンマガ学園』の読書感想文コンクール(C)少年ジャンマガ学園製作委員会
  • 期間限定WEBサイト『少年ジャンマガ学園』のトップ画面(C)少年ジャンマガ学園製作委員会
  • 期間限定WEBサイト『少年ジャンマガ学園』のマンガ詳細(C)少年ジャンマガ学園製作委員会
  • 期間限定WEBサイト『少年ジャンマガ学園』の学校行事(C)少年ジャンマガ学園製作委員会
  • 期間限定WEBサイト『少年ジャンマガ学園』の授業一覧(C)少年ジャンマガ学園製作委員会

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019