• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • フリー転身・吉田明世アナ、TBS時代はエゴサーチで落ち込んでいた 秘蔵写真も公開

フリー転身・吉田明世アナ、TBS時代はエゴサーチで落ち込んでいた 秘蔵写真も公開

 今年1月末にTBSを退社し、フリーとなった吉田明世アナが、2日発売の写真週刊誌『FLASH』(光文社)に登場。局アナ時代のエピソードやフリーになって初のレギュラー番組への思いを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 東京都出身の吉田アナは、2011年に成城大学を卒業し、TBS入社。『ビビット』『サンデージャポン』などを担当し、16年10月に5歳上の一般男性と結婚し、18年5月に第1子女児を出産。19年1月末にTBS退社し、2月から大手芸能事務所・アミューズ所属のフリーアナとして活動する。

 同誌では、9日より放送のフリー転身後初のレギュラー番組『噂の現場急行バラエティー レディース有吉』(カンテレ・フジテレビ毎週火曜 後10:00)の収録に密着。局アナ時代、エゴサーチをしては落ち込んでいたという彼女だが、有吉弘行の毒舌に耐えられるか聞かれると「個人的には大好きなんです。毒舌のなかに優しさがあるじゃないですか」と答えた。また同企画では彼女の幼稚園〜大学生時代の秘蔵写真も掲載する。

 同号にはそのほか、大原優乃、RaMu、佐藤美希などが登場する。

関連写真

  • 『FLASH』4月2日発売号に登場した吉田明世アナ(C)光文社/週刊FLASH  写真◎福田ヨシツグ
  • 『FLASH』4月2日発売号表紙(C)光文社/週刊FLASH

オリコントピックス

 を検索