ドラマ&映画 カテゴリ

木村文乃、トータル億超え衣装に「尻込み」 浜辺美波は2000万円超え

 女優の木村文乃が20日、都内で行われた開局60周年特別企画『大奥 最終章』記者会見に出席した。会見前には共演の小池栄子鈴木保奈美とともに豪華絢爛な劇中衣装をランウェイで披露した。

【写真】その他の写真を見る


 本編の衣装費総額は1億超えだそうで、木村は「今回、私の衣装、(打ち)掛けだけで19ポーズ。全体で23ポーズ。3時間のなかで全部着させていただいたので本当にファッションショーのよう。帯も掛けも新しく作ってくださったそうで金額に尻込みしてしまう気持ちもなくはなかったです」と率直な感想を語った。

 映画・ドラマと長きにわたって愛された同シリーズ完結編となる今回、幕府財政の再建を目的とした享保の改革を行い、「徳川中興の祖」と称され、「暴れん坊将軍」としてもあまりに有名な徳川第8代将軍・徳川吉宗の時代を舞台に、「家族」をテーマに描いていく。夫・吉宗を献身的に支えた側室・久免を木村、吉宗を大沢たかおが演じる。

 「きょうはいらしていないのですが浜辺美波さん演じる竹姫は打ち掛けだけで1000万。トータル2000万超えの衣装を着ていらして、それを見ると気持ちが軽くなる」と苦笑。「とにかく刺繍が細かくて、古き良きものを大切にしつつ、これからを世界に通用するものを作っていこうとする京都の呉服に関わるみなさんのお気持ちも背負っている」と背筋を正した。

 また劇中では小池演じる第7代将軍・徳川家継の生母・月光院、鈴木演じる第6代将軍・徳川家宣の正室・天英院のバトルが大きなみどころに。鈴木は「もっとやりたかった。取っ組み合いもする予定だったんですけど…」と残念そうに明かすと小池は「十分怖かったですよ」とタジタジ。「にこやかに笑いながらきれいなお声で嫌味をぶつけてこられるので敵わないなと。一度ロックされると凍りつきます」と白旗を上げた。

 撮影裏では、仲良く過ごしたものの「芝居となるとテンションがガラッと変わるので、めっちゃ怖かったです!」と振り返る小池に、鈴木も「廊下の向こうから、月光院さんがこちらをにらみながら歩いてくると、目が落ちそうで、わ〜コワ〜!って…蛇に睨まれた蛙のようでした」と互いの熱演に圧倒されたそう。木村は「私はバトルに関わらず間に挟まれオロオロする役。今のようにどうしていいかわからずオロオロさせていただきました」と茶目っ気たっぷりに微笑んでいた。

 25日、午後8時3時間にわたって放送。

関連写真

  • トータル億超え衣装で登場した(左から)鈴木保奈美、木村文乃、小池栄子 (C)ORICON NewS inc.
  • 開局60周年特別企画『大奥 最終章』記者会見に出席した木村文乃 (C)ORICON NewS inc.
  • 開局60周年特別企画『大奥 最終章』記者会見に出席した小池栄子 (C)ORICON NewS inc.
  • 開局60周年特別企画『大奥 最終章』記者会見に出席した木村文乃 (C)ORICON NewS inc.
  • 開局60周年特別企画『大奥 最終章』記者会見に出席した鈴木保奈美 (C)ORICON NewS inc.
  • 開局60周年特別企画『大奥 最終章』記者会見に出席した(左から)三上真奈アナウンサー、宮澤智アナウンサー (C)ORICON NewS inc.
  • 開局60周年特別企画『大奥 最終章』記者会見に出席した小池栄子 (C)ORICON NewS inc.
  • 開局60周年特別企画『大奥 最終章』記者会見に出席した鈴木保奈美 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索