アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • MISIA、松坂桃李主演『居眠り磐音』で主題歌 「大切に大切に歌いました」

MISIA、松坂桃李主演『居眠り磐音』で主題歌 「大切に大切に歌いました」

 俳優・松坂桃李が時代劇初主演を飾る映画『居眠り磐音(いわね)』(5月17日公開)の主題歌が、歌手・MISIAの楽曲「LOVED」に決まったことが12日、わかった。さらに同曲を使用した本予告映像も初解禁になった。

【写真】その他の写真を見る


 原作は『第66回菊池寛賞』を受賞し、全著作の累計発行部数が6500万部を超える佐伯泰英氏の時代小説。メガホンを取ったのは『ゲゲゲの鬼太郎』(07年)、『空飛ぶタイヤ』(18年)などを手がけた本木克英監督。共演陣には、木村文乃芳根京子柄本佑杉野遥亮佐々木蔵之介谷原章介柄本明など豪華俳優陣が集結した。

 磐音は、ある事件から祝言(しゅうげん)を間近に控えた許嫁の奈緒(芳根)を残し、脱藩して江戸に向かう。長屋暮らしを始めると、昼間はうなぎ屋、夜は用心棒として働き始める。誰に対しても優しく、剣の腕前も確かなことから信頼され、大家の娘・おこん(木村)からも好意を持たれるようになる。そんな折、幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ、江戸で出会った人たちを守るため、悪に立ち向かっていく。

 同曲はMISIAが昨年12月に発売した最新アルバム『Life is going on and on』に収録されている。本予告映像では、磐根と奈緒の悲しい別れの恋模様と楽曲がリンクしていく。ラストは雪が舞う中、磐根が涙を流す場面も映し出され、MISIAの美しい声がシーンを引き立てる。

 MISIAは「松坂桃李さん演じる磐根の優しいまなざしの奥に陰る悲しみが切なく涙がこぼれました」と映画を振り返った。楽曲については「“恋愛”をし“失恋“をし愛だけを心に残した人の歌です。大切に大切に歌いました」と説明。「この物語に登場する人々の悲しみや切なさ、愛、そして狂おしい願いのようなものを感じられると思います。そのとき歌で、この素晴らしい映画の世界観を伝えるお手伝いをできていたら幸いです」とコメントしている。

 松坂は「『すれ違い背を向けた その数だけ愛おしくなる』という歌詞は、磐根と奈緒の悲愛を、その後の磐根が背負っているものは『痛みに学ぶ 真実抱きしめて』という歌詞にすべて込められているように感じます。繰り返し聴いて、この作品を伝えていく上での養分としていきたいと思います」と話している。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • MISIAの楽曲「LOVED」が映画『居眠り磐根』の主題歌に決定(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
  • 映画『居眠り磐根』メインカット(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
  • 映画『居眠り磐根』本ポスタービジュアル(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
  • 映画『居眠り磐根』の主題歌を担当するMISIA(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019