アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 小野大輔×山寺宏一、「ヤマトと旅ができて幸せでした」

小野大輔×山寺宏一、「ヤマトと旅ができて幸せでした」

 2017年2月より劇場用映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をモチーフとした完全新作シリーズとして順次劇場上映され、18年10月からテレビの全国ネットで放送中の『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』(以下、『2202』)。その最終章となる第七章「新星篇」が3月1日より劇場上映されている。

【写真】その他の写真を見る


 日本のアニメーションの歴史に輝く不朽の名作『宇宙戦艦ヤマト』をリメイクした『宇宙戦艦ヤマト2199』(以下、『2199』)から、古代進の声を演じてきた小野大輔とアベルト・デスラー役の山寺宏一に、「昭和」の時代に誕生し、「平成」の時代に蘇った“ヤマト”への思いを聞いた。

 小野は「『ヤマト』は受け継いでいくべきもの。『2199』『2202』を観た皆さんが、次の世代に伝えていってほしい、と願ってやみません。そういう意味で、“ヤマト”の旅は続くんです」と、熱く語ってくれた。

■アフレコスタジオがヤマトの艦内のように思えた

――『2199』からおよそ6年、ヤマトとの旅が終わりましたが、今の心境は?

【小野】『2199』の時もそうでしたが、テレビシリーズに換算すれば26話分を、1年半以上かけて、『2202』は2年かけて、全七章で劇場上映していくというスタイルだったので、アフレコしていると、スタジオがヤマトの艦内のように思えてきていました。ガラス越しに見える調整室にいる人たちが、ヤマトの操縦室にいる人たちに見えてきて(笑)。声優陣も大ベテランの先輩方から若手まで、いろんな世代が集まっていて、みんなで一つの作品に情熱を注いでいた。その感じもヤマトのクルーと重なって誇りに思いました。『2202』の最後のアフレコを終えた時に、本当にこの人たちと旅ができてよかった、ここまでたどり着けてよかった、と思いました。

【山寺】私の場合は、『2199』も『2202』も途中から加わって、毎回出番があったわけではなかったので、その分、最後まで緊張が続きましたね。小野くんが言ったとおり、こんなにいろんな世代の役者が一堂に会してアフレコしている現場、それも長期間にわたって作る作品というのはなかなかない、特別な作品でしたよね。

【小野】緊張…、されていたんですね。

【山寺】緊張してましたよ。『2199』の時は、ヤマト側とガミラス側を別々に収録していたんですが、『2202』は一緒に収録させてもらって、それがまたものすごい人数でね。

【小野】山寺さんがいらっしゃると場の空気が一段と華やかになっていましたよね。

【山寺】本当? 小野君がそう言ってったって、必ず書いてくださいね。

■『ヤマト』には日本人が好きなものが全部入っている

――長い旅を終えて、改めて思う『宇宙戦艦ヤマト』の魅力は?

【小野】『宇宙戦艦ヤマト』って、日本人なら誰でも知っている作品。アニメを観たことがないという人でも、「イスカンダルに行って、帰ってくる話」だということは知っていたりする。それは歌のおかげでもあるんですが、それは、もはや「桃太郎」や「浦島太郎」に並ぶ、日本人だったらみんな知っている昔話の域に達しているんじゃないかと。

 日本人が美しいと思うもの、尊いと思うもの、好きなものが『ヤマト』には全部入っていると思うんです。『2202』のテーマは“愛”なんですが、いろんな普遍的な愛が描かれていて、誰もが大事にしたいものとして共感できる。それでいて、SFアニメの金字塔と言われるような血湧き肉躍るエンターテイメントでもあるという、本当に魅力が詰まった作品だと思います。

【山寺】おっしゃる通りですね。一つの要素だけじゃ、こんなに長く愛されることはない。まず、壮大である。そして、人の心の琴線にふれる人間ドラマでもある。私が中学1年生の時に、最初の『宇宙戦艦ヤマト』が放送されて、ドハマリした記憶が鮮明に蘇ってきます。今作では全宇宙の危機にハラハラドキドキして、それをみんなで乗り越えていくという、エンターテイメントの王道なんですけど、そのカタルシスを最初に体験したのが、僕は『ヤマト』でした。それをリスペクトしながら、新しいスタッフたちが愛を込めて作ったのが『2199』であり、『2202』。『ヤマト』の世界をさらに豊かにしてくれましたよね。特に『2202』は息つく暇もなく、ピンチの連続でしたからね。

【小野】本当にずっとピンチでしたね。ピンチを脱したらまたピンチ。

【山寺】ズォーダーがまたとんでもなく怖くて。手塚秀彰さんの声がまた迫力があって。

【小野】勝てる気がしなかったです(笑)。

【山寺】手塚さん御本人はすごくやわらかい方なんですけどね、一声話すと迫力がすごい!

■デスラーの過去に衝撃「ちょっと好きになってしまいました」

【小野】デスラーもずっと怖かったですよ。

【山寺】ぜんぶ見透かしているぜ、って感じだったからね。

【小野】得体が知れなかった上に、揺るぎない信念を持ってことを動かしているのがわかる、本当のカリスマだったから、怖かったですね。『2202』ではデスラーのバックボーンも描かれて、うれしかったというか、過去を知ることでデスラーも人間なんだなって思えて、ちょっと好きになってしまいました(笑)。

【山寺】そうね、僕も驚きましたよ(笑)。まさかの兄の存在、母への思い、そんな過去を抱えていたのか、と。旧作にない、『2202』の脚本の福井晴敏さんの創作ですから、『2199』の時はデスラーにそんな過去があるとは微塵も思わず演じていたので、大丈夫だったのかな、って。時間をさかのぼって、『2199』のアフレコをしている時の自分に教えたいと思いました(笑)。

――ほかに物語が進む中での変化で印象に残っていることは?

【山寺】古代のこともね、出会った頃はなんとも思っていなかったと思う。若いのになかなかやるな、ぐらい。それが、「してやられた」と思って『2199』が終わって、それを引きずりながらの『2202』での再会だったんですが、第七章のデスラーを見ると、古代に影響されたのかな、ってすごく感じるところがあると思います。第六章「回生篇」のエンディングで僕が「大いなる和」を歌ってよかったのか、というのもあったと思いますが、第七章を観ていただければ、そのあたりもわかっていただけるんじゃないかと。

【小野】びっくりしました。山寺さん、歌っているって(笑)。

 僕は、時間断層について知った時、古代と同じように驚いたというか、すごいな、福井さん、と思いました。謎の戦艦「銀河」が迫ってきて、それが地球連邦政府が送り込んだものと知った時は、演じていて怖かったです。

※時間断層とは、コスモリバースシステムの副作用で発生した特殊な空間。そこでは、通常の空間と比べて、時間の流れの速さが10倍早くなる。それを利用して、大量の地球防衛艦隊が建造され、短期間で多数の波動砲搭載艦をはじめとする大規模な艦隊を整備することができた。

 時間断層って、すごく自然の摂理に反した存在なんですよね。人間の力では変えることができない、というか変えてはならないというか。摂理に反すれば、それ相応の間違った悪い結果も招きかねない。キーマンは「密かに抱え込んだ闇」と言っていましたが。しかも、その存在を古代はじめヤマトのクルーは知らなかった。地球連邦政府が公表せずに、秘匿して自分たちだけで利用していた。そういう人間の業、人間とは何か、というテーマを時間断層というSF設定を使って巧みに描いている。

■“ヤマト”の旅は続く「これからも長く愛して」

【山寺】「銀河」の副長の神崎恵(CV.林原めぐみ)の「正気で戦争に勝てますか?」ってせりふも怖かったね。いまなぜ『愛の戦士』なのか、愛をテーマにしているのか、何が一番大切かっていうのが、すべて物語に組み込まれている。ガトランティスの設定もそう、ズォーダーが「愛なんてものがあるから人間は争う」っていうんだけど、ガトランティスの設定が人間の姿そのものを映し出していて。すばらしい物語を紡いできたと思います。

――第七章を見る前にあるいは最後まで観終わってから、改めて第一章を見直すと、また新たな発見というか、腑に落ちることがありそうですね。

【山寺】本当、そうですね。テレビシリーズの数話分をまとめて劇場上映して、Blue-ray&DVDを出して、最終章の上映に追いつけるようなタイミングでテレビ放送をして、アニメ作品としては特別なやり方だったのに、『2199』からずっと応援し続けてくれたファンの存在は、本当にありがたいですね。僕にとっても大好きな作品でもあるので、これからも長く愛していただけたらと思います。

【小野】40年以上前からずっと、アニメファンに愛され続けているシリーズの新作に携われて、本当に幸せでした。時代の変化に則した、今を生きる人たちの心に届くような作品として『ヤマト』を届けられたことが僕の誇りです。視聴者の皆さんもヤマトのクルーだと思います。作品に込められた愛を感じていただければうれしく思います。『ヤマト』は受け継いでいくべきもの。『2199』『2202』を観た皆さんが、次の世代に伝えていってほしい、と願ってやみません。そういう意味で、“ヤマト”の旅は続くんです。

■GWに『2199』&『2202』シリーズ一挙放送決定

<CS放送「ファミリー劇場」>
『宇宙戦艦ヤマト2199』(全26話)
4月28日 前8:30〜後9:00 
※第一話〜第四話 先行放送
4月9日 後9:00〜後10:55

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』(全26話)
4月29日 前8:30〜後9:00
※第一話〜第四話 先行放送
4月16日 後9:00〜後10:55
https://www.fami-geki.com/ichioshi/rec/1904/

<WOWOW>
『宇宙戦艦ヤマト2199』(全七章)
4月30日、5月1日 後1:00〜
※4月27日に第一章先行無料放送

『宇宙戦艦ヤマト2199追憶の航海』5月1日 後2:45〜
『宇宙戦艦ヤマト2199星巡る方舟』5月1日 後5:00〜
『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』
第一章「嚆矢篇」、第二章「発進篇」5月1日 後7:00〜
第三章「純愛篇」〜第七章「新星篇」5月2日 後1:00〜



関連写真

  • 新たな『宇宙戦艦ヤマト』シリーズで古代進の声を担当した小野大輔、デスラー役の山寺宏一 (C)ORICON NewS inc.
  • 新たな『宇宙戦艦ヤマト』シリーズで古代進の声を担当した小野大輔、デスラー役の山寺宏一 (C)ORICON NewS inc.
  • 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第七章「新星篇」キービジュアル(C)西ア義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会
  • 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第七章「新星篇」冒頭シーンのカット(C)西ア義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会
  • 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第七章「新星篇」冒頭シーンのカット(C)西ア義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会
  • 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第七章「新星篇」冒頭シーンのカット(C)西ア義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会
  • 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第七章「新星篇」冒頭シーンのカット(C)西ア義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会
  • 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第七章「新星篇」冒頭シーンのカット(C)西ア義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会
  • 『宇宙戦艦ヤマト2199』(全26話)CS放送「ファミリー劇場」、WOWOWで一挙放送決定(C)2012宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

オリコントピックス