ドラマ&映画 カテゴリ

『グッドワイフ』に住田裕子らリアル弁護士軍団が登場

 女優の常盤貴子が主演する10日放送のTBS系連続ドラマ『日曜劇場 グッドワイフ』(毎週日曜 後9:00)第9話に住田裕子弁護士・清原博弁護士・角田龍平弁護士がゲスト出演。法廷モノとして物語が佳境を迎えるなか、“リアル最強弁護士”たちが物語に華を添える。

 今夜放送の第9話では、主人公・杏子(常盤)が多田(小泉孝太郎)から神山多田法律事務所に誘われるきっかけとなったエピソードが明かされる。夫・壮一郎(唐沢寿明)の事件発覚後、復職を目指すものの 世間の目は厳しく、なかなか杏子を採用してくれるところはなかった。そんな時、杏子は偶然多田と会い、手を差し伸べられる…という、その後の二人の関係に大きな影響を及ぼす重要なシーンだ。

 そのなかで、復職を目指す杏子は弁護士事務所で採用面接を受けるのだが、その面接官役を演じるのがこの3人。緊迫感とリアリティーある本物の弁護士による採用面接シーンに注目だ。

 これまでバラエティーの再現VTRでの演技経験はあるという住田弁護士だが「食べるシーンが中心の私のキャラクターに合わせた設定だったので、こういう本当の意味でのシリアスな、しかも弁護士業界の中での厳しい面をやる役柄は初めてでした」といい、角田龍平弁護士は「ドラマの出演は初めてでした。実際にやってみるとやはり緊張しますね! たった一行の台詞やのに こんなに緊張するもんなんや!と(笑)。昨日はお風呂に入りながらずっとぶつぶつ台詞を言っていました」と気合十分で臨んだそう。

 もし、蓮見杏子のような弁護士が面接に来たら…という質問には住田弁護士は「いろんな問題はあるとしても、それを乗り超えている人というのは弁護士として深みが出るんです。ですから、私の場合はまず試用期間を設けて様子を見てから、いろいろ見極めた上で本採用にすると 思います」と現実的な回答で、清原弁護士は「うーん・・・厳しいかな。やはり弁護士は依頼者から、『この人は信頼できる人だ』って思われないと、どんなに優秀でも難しいんですよ。世間で騒がれた人の奥さんとなると採用するのはちょっと危険かなと思います」と消極的な姿勢。一方、角田弁護士は「はい! 僕だったら迷わず杏子さんを採用します!!(笑)」と三者三様に回答していた。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索