アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • Snow Manが新体制9人で初表紙 『滝沢歌舞伎ZERO』京都の手応え語る

Snow Manが新体制9人で初表紙 『滝沢歌舞伎ZERO』京都の手応え語る

 昨年いっぱいで芸能活動から引退し、プロデュース業などに専念している滝沢秀明の意志を継ぎ、新たにメンバー3人を迎えて新体制となったジャニーズJr.Snow Manが、6日発売のTV情報誌『TVガイド』に9人で初登場。横浜アリーナでの単独コンサートや、舞台『滝沢歌舞伎ZERO』東京公演を控えたグループの素顔や関係性に迫る。

 取材では、それぞれの呼び名を確認し、共通点を言い合うなど、和やかな雰囲気で座談会を開催。先日閉幕した『滝沢歌舞伎ZERO』京都公演を振り返り、A.B.C-Z・塚田僚一やSixTONES、後輩など「いろんな人が京都まで見に来てくれてうれしかった」と反響の大きさに驚いた様子。「お客さんもスタッフも温かくて、 街全体で盛り上げてくれた」そうで「自分たちが“舞う”意味というものを感じながらステージに立てた」と手応えを語った。

 15歳の村上真都ラウールは、新たに加入した3人のひとりでグループの最年少メンバー。ソロインタビューではほかの8人の印象を明かしつつ、ともに活動していくことへの決意表明も。「『いつかラウールくんがSnow Manに来て良かった』と思ってもらえるような成長を遂げたい。なんでもできる気がします、なんでもやります」と力強く宣言した。

 そのほかにも数々のパフォーマンスで独自の世界観を表現してきたジャニーズJr.の SixTONESも登場。単独ライブを前に6人の絡み合う個性とアイデアの源を探る。



オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019