ドラマ&映画 カテゴリ

寺島しのぶが“毒親”役、ドラマ『ポイズンドーター・ホーリーマザー』今夏放送

 人気作家・湊かなえ氏が、母と娘の関係を軸にしながら人間の情念をえぐり取るように描き、『第155回直木賞』候補作となった短編集『ポイズンドーター・ホーリーマザー』(光文社文庫)。集録されている全6編が連続ドラマとして映像化され、WOWOWで今夏、『連続ドラマW 湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー』として放送される。その表題作「ポイズンドーター・ホーリーマザー」の母親・佳香役を女優の寺島しのぶが演じることが発表された。

 それぞれの場所でそれぞれに生きる女性たちが抱く激しい情念や苦悩、そして冒してしまう過ち。しかし、見る角度が異なれば、それらは成功であり幸福でもある。人生も人間もある一面だけで判断してはならない、それがこの作品集の最大のテーマ。母と娘、姉と妹、友だち、男と女…。鮮やかに反転する6つの物語から一つの世界が見えてくる。

 表題作は、自分を思うようにコントロールしようとする母親・佳香(寺島)の存在に小さいころから悩まされてきた女優・藤吉弓香。彼女にとって佳香はまさに「毒親」だった。佳香に反発して上京した弓香だったが、束縛から逃れられていたわけではなかった。佳香が裏で動いたことで男と別れ、大切な仕事を失っていたと知った弓香はトーク番組で佳香を告発、それが大きな反響を呼ぶ。

 一方、佳香を知る周囲の人間たちから見れば佳香は、決して「毒親」などではなく子ども想いの良き母親だった。弓香の発言を聞いた佳香は、自分の人生を振り返ることになり、「子離れ」を決意するが…(「ポイズンドーター」「ホーリーマザー」)。

 寺島は「自分は毒親なのか私は毒娘だったのか。今まで生きてきた自分の人生も振り返りつつ、今1人の息子を持つ母としてどういう感情がこの作品に投影できるのか、楽しみです。今の私を出し切るつもりでやりきりたいと思います。勧善懲悪が日本では受ける中、こういう結論の出ないグレーな部分を描いていく。WOWOWさんでこそ出来る挑戦的な作品だと思っています」と、意気込みを伝えている。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索