• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 新生・Snow Man、飛躍の『滝沢歌舞伎』の舞台裏に密着 『RIDE ON TIME』第6弾

新生・Snow Man、飛躍の『滝沢歌舞伎』の舞台裏に密着 『RIDE ON TIME』第6弾

 エンターテインメントのバックステージを描くフジテレビ系『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(毎週金曜 深1:25※関東ローカル)。3月8日からの第6弾では『滝沢歌舞伎ZERO 〜Snow Man、飛躍の大舞台へ』がテーマ。ジャニーズJr.の人気グループ・SnowManが2月の京都の南座と4・5月に新橋演舞場で主演する『滝沢歌舞伎ZERO』の舞台裏に密着する。

 『滝沢歌舞伎』シリーズとは2006年に誕生。企画・構成・総合演出ジャニー喜多川氏、主演のみならず演出も手掛ける滝沢秀明が全身全霊で創り上げてきた、和のスーパーエンターテインメント。誕生から14年目の2019年、京都の南座で幕を開けた『滝沢歌舞伎ZERO』は滝沢が初めて演出に専念し、新たな主演という大役に抜てきされたのがSnow Manだ。

 Snow Manは、2012年『滝沢歌舞伎』の上演中にグループ結成が発表され、本シリーズに8年連続で出演しているグループ。高い身体能力と豊かな個性で、名物「腹筋太鼓」や「鼠小僧」などでも重要なポジションを務め観客を魅了。メンバーたちはまさに『滝沢歌舞伎』と共に歩み、鍛錬を重ね、実力を磨いてきた。そんな彼らに巡ってきた大きなチャンスが、この舞台の主演だった。

 岩本照深澤辰哉渡辺翔太阿部亮平宮舘涼太佐久間大介の6人組に、今年の1月より向井康二、目黒蓮、村上真都ラウールが加入することが発表され、9人組となった。番組では、昨年11月に開演したばかりの南座で2月3日の初日を迎えるまでのメンバーに密着し、連日のけいこに懸命に取り組む彼らの姿を捉えた。そして、個性豊かなメンバーを形づくる“原点”とも言うべき時間や場所にも同行した。

 Snow Manのメンバーたちは、とてつもないプレッシャーの中で高い壁を乗り越えることができるのか。歌舞伎発祥の地で、さらななる飛躍を果たせるのか。『滝沢歌舞伎ZERO』のテーマである“桜”が如(ごと)く華麗に舞い上がることができるのか。彼らの姿を4週にわたって描く。

オリコントピックス