• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 須田亜香里、Mリーガーのポーカーフェイスにタジタジ サプライズも反応薄く「一応アイドルからのチョコ…」

須田亜香里、Mリーガーのポーカーフェイスにタジタジ サプライズも反応薄く「一応アイドルからのチョコ…」

 プロ麻雀リーグ『Mリーグ』の2018年度ファイナルシリーズの記者会見が13日、都内で行われ、アイドルグループ・SKE48須田亜香里が参加。Mリーガーにサプライズでチョコを手渡したがポーカーフェイスを発揮されてしまい須田は「一応、アイドルからのチョコなんで…」とボヤいた。

【写真】その他の写真を見る


 昨年10月の開幕以降、各チーム80試合が行われ、12日に優勝をかけて戦うフィナルシリーズに進出する上位4チームが決定。1位はEX風林火山、2位は渋谷ABEMAS、3位はKONAMI麻雀格闘倶楽部、4位は赤坂ドリブンズとなった。

 会見では、爆笑問題田中裕二を団長、須田、インスタントジョンソンじゃいアンジャッシュ児嶋一哉はなわを団員とした「Mリーグ応援団」を結成。それぞれ、盛り上げるための案などを出し合っていた。優勝予想も行われ、田中は「僕は一番最初にドリブンズが優勝するんじゃないかなって思った。そのまま当たるかも」と悩みながらも返答。須田は「願望込みかもしれないですけど、ABEMASさん。多井(隆晴)プロがアイドルオタクなんですよ。私の握手会にも来てくださったことがある。(優勝賞金5000万円で)アイドルに投資していただけるように…」と小悪魔的に笑うと、多井は「全額、ツッコみます」と軽く約束していた。

 また、あす14日がバレンタインということもあり、サプライズで須田からチョコがMリーガーにプレゼント。レギュラーシリーズ1位だったEX風林火山の滝沢和典と勝又健志に直接、手渡した。ただ、喜怒哀楽を見せられない勝負師のMリーガーたちのリアクションは多井以外、極めて薄かった。これを児嶋からイジられると、須田は「一応、アイドルからのチョコなので、取り合って! カメラの前だけでもいいので」と百戦錬磨のプロたちにタジタジになっていた。

 ファイナルシリーズは3月2日にスタート。24試合が予定されている。ルールはレギュラーシーズンと同じだが、進出する4チームはレギュラーシーズンでの獲得ポイントの半分(小数点以下第2位まで切り上げ)を引き継ぐ。

 『Mリーグ』は昨年7月に発足が発表。同リーグを通じて日本国内においての麻雀の競技化、健全化を図り、麻雀自体の社会的地位の向上及び認知の拡大、新たなファンの獲得を目指している。

関連写真

  • Mリーガーのポーカーフェイスにタジタジだった須田亜香里 (C)ORICON NewS inc.
  • チョコを渡す須田亜香里(左)と受け取る滝沢和典(中)と勝又健志 (C)ORICON NewS inc.
  • 『Mリーグ』2018年度ファイナルシリーズ記者会見に出席した(左から)児嶋一哉、須田亜香里、田中裕二、はなわ、じゃい (C)ORICON NewS inc.
  • 『Mリーグ』2018年度ファイナルシリーズ記者会見に出席した須田亜香里
  • 『Mリーグ』2018年度ファイナルシリーズ記者会見の様子
  • 『Mリーグ』2018年度ファイナルシリーズ記者会見に出席したじゃい
  • 『Mリーグ』2018年度ファイナルシリーズ記者会見に出席したはなわ
  • 『Mリーグ』2018年度ファイナルシリーズ記者会見に出席した児嶋一哉
  • 『Mリーグ』2018年度ファイナルシリーズ記者会見に出席した田中裕二

オリコントピックス

 を検索