アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『リング』最新作、主演は池田エライザ「この映画、容赦ないです」

『リング』最新作、主演は池田エライザ「この映画、容赦ないです」

 1998年に始まった『リング』シリーズの最新作『貞子』が、女優・池田エライザ(22)主演で5月24日に公開することが8日、明らかになった。メガホンを取るのはハリウッド版『ザ・リング2』(05年)以来の同シリーズ復帰となる中田秀夫監督。池田を「新時代のスクリーミング・ヒロイン誕生」とたたえ、新しい“リング像”を描く。

 原作は、“見た者は1週間後に呪い殺される”という「呪いのビデオ」を描いた鈴木光司氏のホラー小説『タイド』。同シリーズは松嶋菜々子主演でスタートし興行収入20億円を突破。『リング2』(99年)では中谷美紀が主演し、42億円のヒット。3作目の『リング0 バースデイ』(00年)は、仲間由紀恵主演で、映画独自の設定を盛り込んだ。02年海を越えてハリウッド版『ザ・リング』が公開し、現在までに3作品が誕生している。12年には石原さとみ主演の『貞子3D』が公開され、スクリーンから飛び出す貞子が登場し、さらなる“恐怖”を演出。貞子は「井戸やテレビからはい出る、白い服を着た髪の長い少女」として、日本のホラー映画をけん引し、認知度を広げてきた。

 池田が演じるのは、病院で心理カウンセラーとして働く秋川茉優。自宅が火事になり、保護された一人の少女を担当することに。切の記憶を無くし、名前すら言えない少女と向きあうが、次第に彼女の周りで奇妙な出来事が起こり始める。池田は「『貞子』というタイトルを背負っていいのか不安になりました」とするも「生つばを飲んで、身を硬直させ、冷や汗をかき、最後にはそこが映画館ということに安堵していただけるかな。この映画、容赦ないです」と出来栄えを誇った。

 中田監督はリングの他にも『仄暗い水の底から』(02年)、『クロユリ団地』(10年)などのホラー作だけでなく、『L change the WorLd』(08年)、『スマホを落としただけなのに』(18年)などヒット作を担っている。14年ぶりの同シリーズに「私自身が“イケてる”と思うホラー表現をシンプルに、がむしゃらに追求した。同時代で観てくれた世代には、うなずいてもらえるもの、ティーンたちには、驚がくしてもらえるものを目指した」と、これまでのファンから、観てない人でも楽しめる自信をのぞかせている。

 プロデューサーの今安玲子氏は「現代社会ならではのSNSや動画サイト投稿の気軽さの先にある恐怖がありつつも貞子が背負う宿命と怨念の深さに触れる内容になっています」と話し、池田については「言葉や立ち居振る舞いに芯の強さがあり、怖がりつつも格好良く立ち向かう姿に惚れ惚れするようなヒロイン像を期待できる」と起用理由を話している。



オリコントピックス