アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 藤原竜也主演『Diner ダイナー』7・5公開 小栗旬、窪田正孝ら追加キャスト10人は全員“殺し屋”

藤原竜也主演『Diner ダイナー』7・5公開 小栗旬、窪田正孝ら追加キャスト10人は全員“殺し屋”

 俳優・藤原竜也が主演し、写真家・蜷川実花氏が監督を務め2人が初タッグを組んだ映画『Diner ダイナー』の公開が7月5日に決定したことが5日、明らかになった。さらに共演陣には、窪田正孝小栗旬真矢ミキ奥田瑛二ら豪華俳優陣が発表になり、本編映像もあわせて解禁された。

 原作は、平山夢明氏が描いた小説『ダイナー』。小説からコミック化もされ、出演キャストは、小栗らの他、本郷奏多武田真治斎藤工佐藤江梨子金子ノブアキ土屋アンナの主演級の俳優計10人が公表された。藤原が演じる主人公・ボンベロは、天才シェフであり、元殺し屋。「何でもありで、すごく気持ちの良いキャラクターに仕上がった」と“不敵なオーラ”を放つキャラを演じきった自信をうかがわせている。

 物語のヒロイン・オオバカナコは、出来心から怪しいバイトに手を出し、ウェイトレスとしてダイナー(食堂)に売られてしまう。店主と名乗るボンベロからは「ここは殺し屋専用のダイナーだ。皿の置き方ひとつで消されることもある」と忠告を受ける。次々に現れる殺し屋たちの世界に放り込まれたカナコ。ボンベロとは一体何ものなのか。徐々に謎が明かされていく目が離せない展開が描かれる。

 「俺は、ここの“王”だ」――。ボンベロの強気な発言から始まる本編映像では、蜷川氏が描く色彩美あふれるダイナーの一部が明らかに。ナイフを手に持ち不気味な表情も浮かべ、存在感を放つボンベロ。「ここは、殺し屋専用のダイナーだ」と話し、今回発表されたキャストは全員が“殺し屋”。どのような役柄で登場してくるのか、今後の発表に期待が高まる映像になっている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 映画『Diner ダイナー』より、血まみれ姿の藤原竜也の姿が公開(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会
  • 映画『Diner ダイナー』に出演する豪華キャスト陣(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

オリコントピックス