アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 全方位戦略で“ほんまもん”の面白さを追求 開局60周年のカンテレ、ヒットドラマ連発のワケ

全方位戦略で“ほんまもん”の面白さを追求 開局60周年のカンテレ、ヒットドラマ連発のワケ

作品選びに定評がある関西テレビ放送(以下、カンテレ)制作のドラマ。この1月期は、直木賞作家・黒川博行の小説『後妻業』を木村佳乃主演で連続ドラマ化した。質の高いドラマを表彰する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」では、毎クールのように同局作品が候補に挙がっている。カンテレは昨年11月で開局60周年。ローカル局では唯一のゴールデン・プライム帯で全国ネットの連続ドラマ枠を死守しながら、テレビ局の生き残りをかけた“ほんまもん”のドラマ作りに奔走している。

◆カンテレの...

この記事の画像

  • カンテレの1月期ドラマは、木村佳乃が“悪女”を好演中の『後妻業』(C)カンテレ
  • 『後妻業』第2話より(C)カンテレ
  • カンテレドラマの『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』受賞歴
  • カンテレの1月期ドラマは、木村佳乃が“悪女”を好演中の『後妻業』 ※写真は第2話(C)カンテレ
  • カンテレの1月期ドラマは、木村佳乃が“悪女”を好演中の『後妻業』(C)カンテレ

提供元: CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年6月17日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年6月17日号

<COVER STORY>
青木純一郎氏(芸映 代表取締役社長)
「芸映として、スーパースターをもう一度
 発掘し、育て、世に問うていく」

<SPECIAL ISSUE>
音楽・映像・書籍
月間マーケットレポート5月度

お問い合わせ

WEBサイト『ORICON NEWS』、エンタメビジネス誌『コンフィデンス』 メディア営業スタッフ募集

オリコントピックス