ドラマ&映画 カテゴリ

土屋太鳳&百田夏菜子、すっかり意気投合 向井理をイジる「スタイルが良すぎて…」

 女優の土屋太鳳とももいろクローバーZの百田夏菜子、俳優の向井理が2月22日放送の読売テレビ開局60年スペシャルドラマ『約束のステージ〜時を駆けるふたりの歌〜』(後9:00)のセット撮影後、みどころを語った。

 今回が初共演となる3人だが、土屋と百田が初対面から私服のコーディネートがかぶるほど息がぴったりだったそう。向井は「(土屋と百田は)年齢や身長など外見的なことも含めて似ている。本番以外の時間は、そんなに1日中しゃべることがあるのかと思うくらい、2人でずっとしゃべっています(笑)」とその仲良しぶりに感心した。

 1970年代に放送され、五木ひろし、八代亜紀、山本譲二、天童よしみら多くのスターを輩出した伝説のオーディション番組『全日本歌謡選手権』をモチーフにした同ドラマ。東北の港町で歌手を目指しながらも夢を諦めかけていた小沢翼(土屋)はひょんなことから、1975年の東京にタイムスリップ。困惑する翼を救った歌手になるために上京してきた大空つばさ(百田)とともに、元歌手の津島浩一郎(向井)の導きによって『全日本歌謡選手権』に出場することになり…という物語。

 すっかり意気投合した様子の彼女たちは、向井の印象について「(初対面の時に)スタイルが良すぎて、2人ですごく驚いて笑ってしまいました」(土屋)といい、百田は「漫画の世界の人が出てきたような非現実的なスタイルの良さで、なぜか笑っちゃうんです」とちょっぴり向井をイジりモード。

 ひげを伸ばして撮影に臨んだ向井が「ここまで伸ばすことはない」と断言すれば、土屋が「お似合いです! ずっと生やしていてほしい。新たな向井さんが見られると思います!」とクスクス笑いながら絶賛。この反応に「また2人でバカにして笑うんでしょ?」と半信半疑で、すっかり2人のペースに飲み込まれている向井だった。

 メインとなる『全日本歌謡選手権』のステージを完全再現したセットでの撮影ではこのステージには欠かせないターンテーブルも登場。当時、回転する円形状ステージは、歌手を目指す者たちの憧れの舞台だったといい、翼とつばさもこのターンテーブルに乗ってステージに現れる。

 往年のセットの再現に3人は「実物は見たことないけど、写真で見た通り!」と声を揃えて興奮。土屋は「私は陸上をしていたんですが、ターンテーブルに立った感覚は陸上のスタート地点のようで、『もう走るしかない』という覚悟を決める感じが似ています」と語り、百田も「仕事柄いろんなステージに立たせてもらっていますが、ターンテーブルが回る瞬間は心臓が途切れそうなくらいバクバクして、今まで味わったことのない緊張感でした!」と思わず感情移入したようだ。

 そんな2人について「舞台袖から見ながら、翼とつばさがどういうモチベーションとメンタルで立っているのかなと思い、子どもたちをステージに上げるような、親心みたいな変なドキドキ感がありました」と優しく見守った向井。劇中ではオリジナルで書き下ろされた楽曲を披露する予定となっており、「普段カラオケにも行かないくらい全く歌わないのですが、初めてのレコーディングで『こうやって音を録るんだ』と驚きました。僕が歌っているのはドラマオリジナルの曲なので、ちょっと当時の曲とは違う雰囲気だと思いますが、歌詞に注目することでその世界観が広がり、聴き応えがあって流し聴きできないです(笑)」とアピールしている。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索