アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 小澤征悦×間宮祥太朗×志尊淳×及川光博 『ハケン占い師アタル』男子トーク

小澤征悦×間宮祥太朗×志尊淳×及川光博 『ハケン占い師アタル』男子トーク

 主演・杉咲花、脚本および連続ドラマ初監督・遊川和彦氏のタッグによるテレビ朝日系木曜ドラマ『ハケン占い師アタル』(毎週木曜 後9:00)。1月17日放送された初回の番組平均視聴率は12.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の好発進。杉咲ふんする派遣社員のアタルが他人の“あらゆるものが見える能力”を駆使して、同僚たちが抱える悩みを根本から解決していく、本格“お仕事”コメディーだ。撮影現場の裏話を男性キャスト陣に聞いた。

【写真】その他の写真を見る


 アタルが配属されたイベント会社「シンシアイベンツ」の制作Dチームは、無理難題を押し付けられてばかり。第1話では、部長の代々木匠(及川光博)から1週間後に控えた新商品イベントに50人の赤ちゃんを集めてきてほしいと無理難題を突きつけられた。第2話では特撮ヒーロー番組『キセキ戦隊ミラクルヒーロー』の新グッズを発表するイベントのコンペに参加するよう指示が下る。

■個性的なキャラクターがぶつかり合う群像劇

【及川光博】代々木は画面に現れるところからいなくなるまで、ずっとテンションが高い男なんです。無理難題を押し付けるだけで自分は何もせず、責任も負わず、逃げる。本番前にグッとテンション上げて、カットがかかったと思ったらグッタリみたいな。これほどテンションの高いキャラクターははじめてですね。小澤くんの上野も暑苦しいキャラクターだよね。

 小澤征悦演じるDチームの主査・上野誠治は、プライドが高く、傲慢で傍若無人な人物だ。

【小澤】「10年前は…」と過去の成功例にしがみついている男なんですけど、脚本の遊川さんにとっては思い入れの強いキャラクターみたいで。上野についてすごく熱く語ってくださるので、「俺も頑張ります」って熱くなるんですが、その後で遊川さんがものすごく寒いジョークを言って、冷ましてくれるんです(笑)。

 小澤演じる上野からパワハラまがいの扱いを受ける社員・品川一真を演じるのは志尊淳

【志尊】自分が思い描いていた社会と実際の社会に差異を感じ、いろいろなものに抑圧されながら悩み、もがき、苦しむ役どころです。あまりしゃべらないキャラクターで、しゃべったとしても文句が多いです。

■淳と祥太朗って何かあるの? 2人の距離が近いんだけど

 間宮祥太朗演じる社員の目黒円(めぐろ・まどか)は無邪気でポジティブだが、どこか上から目線。父のコネで入社したが、足手まといになることも。

【間宮】お坊ちゃまという設定に加え、撮影初日の段取りで遊川さんから「地声の大きい人にしてください」と言われたので、その要素ばかりが目立っています(笑)。早朝から深夜まで、ずっと大きい声を出しているんですよ。しかも僕が演じる目黒はDチームの中で一番コメディー要素が強い役なので、すべっていないかちょっと心配です。

【及川】いい感じだったよ。Dチームのオフィスのシーンは群像劇でもあるので、みんなそれぞれキャラが立ってていいよね。

【小澤】撮影が進むにつれて祥太朗はどんどん大きな声が出るようになってきて、Queenとか歌ったらいいんじゃない?

【間宮】実は、この現場でフレディー・マーキュリーに似ているって言われてるんですよ。

【志尊】似ている! 眉毛ともみあげの感じが。

【小澤】(志尊)淳を見る時の目つきとか?

【間宮】光栄です(笑)。

【及川】ちょっと待って、待って。淳と祥太朗って何かあるの? ずっと気になっていたんだけど。2人の距離がね、いつもなんか近いんですよ。

【小澤】そこに、俺が割り込んで、三角関係になろうとしているの(笑)。

【志尊】僕ら小澤さんのことを「ゆきちゃん」って呼ばせていただいているんです。ある時、ゆきちゃんから「淳ちゃん、祥ちゃん、ゆきちゃんと呼び合おう」って。

【間宮】僕らが「ゆきちゃん」呼びしていてるのを聞いて、事情を知らないスタッフさんはだいたいびっくりしているよね。

【及川】そういう遊びをやっていたんだ。

【小澤】遊びじゃないですよ。2人の熱い関係に加わりたいと思って。

【及川】俺は…、いいや(笑)。

 本作の主人公アタルは “あらゆるものが見える能力”で、悩み多き“働く人々”と会社を変えるニュータイプの救世主。皆さんにとっての救世主は?

【小澤】アムロ・レイですかね、

【及川】それはニュータイプね。

【間宮】いまのツッコミ、早かったですね(笑)。

【志尊】熟練の技でした!

■感動秘話が続々 4人の救世主となった人物とは?

【及川】真面目に答えると、美輪明宏さん。舞台共演させていただいた時に、とある劇場にいた霊が僕に憑(つ)いちゃって、一気に体調や心理状態が悪くなったことがあって。なんと美輪さんに除霊してもらいました。

【小澤・間宮・志尊】えー!

【及川】美輪さんとは、トークショーで出会い、意気投合してからの舞台共演だったんですが、本当に多くのことを学ばせていただきました。「ピンチになってもし改名するならこの名前よ」って、芸名まで考えてくださいました。その名は…「星影宙志(ほしかげ・ひろし)」!

【小澤・志尊・間宮】何そのすごい話!

【間宮】僕にとっての救世主は、劇団柿喰う客の舞台『露出狂』(2010年)に出演した時に、共演した俳優の玉置玲央さん。意識が180度変わったというか。ただ一緒に共演しただけだったんですけど、玉置さんの言動に感化されるものがあって、それ以来、オーディションにも気負わずに臨めるようになって、周りの役者さんたちの良さもよく見えるようになって、マインドがガラッと変わりました。

【志尊】僕は、山本“KID”徳郁さんです。小学生の頃から格闘技を見るのが大好きで、その中でも小柄な体格を物ともせず立ち向かっていくKIDさんに勇気をもらっていました。中学で野球部をやめた後、KIDさんのジムを一人で訪ねて、入会しました。KIDさんに特訓していただいた時期が1年くらいあって。言葉で多く語る方ではないんですが、スパーリングの相手などをしてもらいながら、理屈ではなくいろんなことを教えてもらいました。KIDさんは僕にとってスターです。

【小澤】俺にとっては緒形拳さんですね。公私ともにお世話になりましたし、役者としての居方から教えていただきました。「書」をたしなむのですが、それも緒形拳さんに「やってみろ」とすすめられたのがきっかけです。

【間宮】Dチームの部屋の壁に、書き初めみたいなものが貼ってあるのですが、上野さんの書は、小澤さんが書かれたんですよね。

【小澤】台本の指示どおり「情熱」って、書いたんだけどね。

【志尊】ドラマを隅々まで見て、小澤さんの書いた「情熱」も見つけてほしいですね。



関連写真

  • テレビ朝日系木曜ドラマ『ハケン占い師アタル』出演者(左から)志尊淳、小澤征悦、及川光博、間宮祥太朗 (C)ORICON NewS inc.
  • 第2話より。「シンシアイベンツ」制作Dチームのメンバー(C)テレビ朝日
  • 第2話では、コネ入社して以来、失敗続きで皆に認められたいお坊ちゃま社員・目黒(間宮祥太朗)を占うことに(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系木曜ドラマ『ハケン占い師アタル』第2話はコネ入社して以来、失敗続きで皆に認められたいお坊ちゃま社員・目黒(間宮祥太朗)を占う(C)テレビ朝日

オリコントピックス