ドラマ&映画 カテゴリ

玉木宏&上地雄輔、20代からの“友”と初共演に感慨「記憶に残る楽しい時間」

 俳優の玉木宏(39)、上地雄輔(39)が18日、東京・渋谷のNHKでBSプレミアム放送のドラマ『盤上のアルファ〜約束の将棋〜』(2月3日スタート、毎週日曜 後10:00、全4回)の取材会に出席。同い年で20代前半から「一緒に遊んでいた仲間」(玉木)だった2人だが、仕事で共演するのはこの作品が初めて。玉木は「ようやく一緒に仕事ができて、記憶に残る楽しい時間でした」と感慨もひしおの様子だった。

【写真】その他の写真を見る


 上地も「売れない時期がすごく長くて、10年くらいアルバイトしながら続けていたんですが、その頃、玉木くんはすでに第一線で戦っていて、いつかこいつと肩並べる役者になりたいな、と思っていた」と明かした。

 同ドラマは、今、ブームに沸く将棋界を舞台に、新聞社の社会部から専門外の将棋担当に異動という“挫折”を味わった主人公・秋葉隼介(玉木)が、プロ棋士に再挑戦しようとしている真田信繁(上地)と出会い、棋士たちの人生をかけた戦いを目の当たりにして人生を見つめ直すストーリー。

 玉木は「僕自身、将棋に関して無知なところがありまして、この作品をとおして、将棋の面白さや厳しさ知りましたし、厳しさあるから面白い。将棋に詳しくない人も楽しんでいただけると思います。人を支えるのは人なんだなってことも含めて、見ていて温かくなる作品だと思います」と、作品をアピール。

 「もともと小学生のころオセロ・将棋部入っていった」という上地は、改めて将棋の勉強して、「侍同士の差し合いというか、戦のような、間合い、葛藤、駆け引きが盤上で行われている。その厳しさ楽しさに魅了されました。ゾクゾク、ワクワク、ハラハラしながら楽しく撮影できました」と話していた。

 このドラマの撮影現場では、友人の上地相手に玉木のいたずら攻撃が止まらなかったようで、上地は「いたずらに耐えながらも楽しい現場を過ごせたことを感謝しています」と話していた。

 取材会にはほかに、比嘉愛未近藤正臣、原作者の塩田武士氏が出席した。

関連写真

  • 一緒に遊んでいた仲間と語った(左から)玉木宏、上地雄輔(C)ORICON NewS inc.
  • NHK BSプレミアム放送のドラマ『盤上のアルファ〜約束の将棋〜』の取材会に出席した(左から)塩田武士、比嘉愛未、玉木宏、上地雄輔、近藤正臣
  • NHK BSプレミアム放送のドラマ『盤上のアルファ〜約束の将棋〜』の取材会に出席した玉木宏
  • NHK BSプレミアム放送のドラマ『盤上のアルファ〜約束の将棋〜』の取材会に出席した比嘉愛未
  • NHK BSプレミアム放送のドラマ『盤上のアルファ〜約束の将棋〜』の取材会に出席した塩田武士
  • NHK BSプレミアム放送のドラマ『盤上のアルファ〜約束の将棋〜』の取材会に出席した比嘉愛未
  • NHK BSプレミアム放送のドラマ『盤上のアルファ〜約束の将棋〜』の取材会に出席した上地雄輔
  • NHK BSプレミアム放送のドラマ『盤上のアルファ〜約束の将棋〜』の取材会に出席した近藤正臣

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索