• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 話題のVTuberたちが地球上の謎に迫る新番組『ガリベンガーV』

話題のVTuberたちが地球上の謎に迫る新番組『ガリベンガーV』

 テレビ朝日ほかで放送中の『超人女子とズケ女』(毎週木曜 深1:29〜1:59※一部地域は放送時間が異なる)が17日深夜の放送から番組企画が大幅にリニューアル。タイトルも『超人女子とズケ女プレゼンツ 超人女子戦士 ガリベンガーV』に改め、「頭脳を駆使して難問のアンサーを導き出すのだ! ひらめけ! ときめけ! 超人女子戦士 ガリベンガーV」という、キャッチ―なフレーズからスタートする。

【写真】その他の写真を見る


 リニューアルのポイントは、「ガリベンガーV」として3人のバーチャルユーチューバー(VTuber)が毎週登場すること。VTuberは、動画配信などを行う仮想キャラクターのことで、「A.I.Channel(アイチャンネル)」のキズナアイなど、2016年後半ごろから注目され始め、YouTuber界の一大ジャンルとして確固たる地位を築いている。

 番組に登場するVTuber3人は、「地球にはびこる超難解な現象」を教官の指導のもと、特別講師による講義を受けて解明、その頭脳を徹底的に鍛えていく。リニューアル後、初回のテーマは「エベレストの謎を解明せよ!」「なぜエベレストは重いのに地面に沈まないのか?」という超難問について、特別講師を招いて解明していく。

 今回の教官は、バイきんぐ小峠英二が登場し、ガリベンガーVとなるVTuberは電脳少女シロ、ヤマトイオリ、神楽すずの3人。中でも、電脳少女シロは「バーチャルYoutuber四天王」と呼ばれるほどの人気ぶりで、チャンネル登録者数も60万人に迫るほどの超人気VTuberだ。VTuberたちは、ガリベンガーVとして、小峠の鋭いツッコミをかわしつつ、エベレストの謎に挑んでいく。

 番組のオープニングソングとナレーションは、『仮面ライダーX』『グレートマジンガー』などアニメ・特撮作品の数多くの主題歌・挿入歌を歌い“アニメソング界の帝王”の異名をとる水木一郎が担当。オープニングソングの作曲にも『宇宙戦隊キュウレンジャー』の主題歌を手がけたKoTaを起用するなど、ヒーローアニメ感をふんだんに盛り込んだ楽曲で番組を盛り上げる。

関連写真

  • (左から)電脳少女シロ、ヤマトイオリ、神楽すず。バーチャルユーチューバー(VTuber)が頭脳を鍛える新感覚バラエティー『超人女子戦士 ガリベンガーV』テレビ朝日ほかで1月17日スタート(C)テレビ朝日
  • 初回の教官としてバイきんぐ・小峠英二が登場(C)テレビ朝日
  • 「なぜエベレストは重いのに地面に沈まないのか?」という超難問について、特別講師を招いて解明
  • バーチャルユーチューバー(VTuber)が頭脳を鍛える新感覚バラエティー『超人女子戦士 ガリベンガーV』テレビ朝日ほかで1月17日スタート(C)テレビ朝日

オリコントピックス

 を検索