【紅白リハ】10回出場の嵐、初出場・キンプリと重ね「僕らは中居くんに…」

■『第69回NHK紅白歌合戦』リハーサル初日(29日、東京・渋谷 NHKホール)
 10回目の出場を果たすは、「嵐×紅白スペシャルメドレー」で大トリを務める。リハーサル直後の取材では、初出場するKing & Princeの名前を挙げた松本潤が「僕らが初めて出た時を思い出します」と重ねながら「すごい緊張していたので、中居(正広)くんにすごくフォローされたのを覚えてますね、感謝してます」と感慨深げに振り返った。

 そのキンプリは、パニック障害の治療専念のため活動休止中のメンバー・岩橋玄樹のポジションを空けながら、5人で「シンデレラガール」を披露する。白組司会として間近で見守る櫻井翔は「できる限りのことはしたい」とサポートを約束していた。

 同番組は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、16年の『第67回』から、オリンピックイヤーを目前にした2019年の『第70回』までの4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げ、さまざまな世代の人たちの夢を「歌の力」で応援していく。今年の司会は紅組・広瀬すず、白組・櫻井、総合司会は内村光良(ウッチャンナンチャン)とNHKの桑子真帆アナウンサーが務める。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索