• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 【西郷どん】ラストの回想シーン入りタイトル映像に制作者も感動

【西郷どん】ラストの回想シーン入りタイトル映像に制作者も感動

 NHK大河ドラマ『西郷どん』の最終回のパブリックビューイングイベントが16日、奄美大島の龍郷町りゅうゆう館で行われた。会場には、タイトル映像などを手がけたクリエイティブ集団「L.S.W.F」のメンバーも駆けつけ、エンディングで流れた回想シーンが入ったタイトル映像について「聞いてなかったけれどいろいろな感情を思い返すことができた」と話していた。

 ほかに、西郷隆盛と愛加那の長子・菊次郎の少年時代を演じた城桧吏、愛加那の義姉、里千代金役やメインテーマに歌で参加した里アンナ、劇中歌を担当した前山真吾らも参加。

 城は、生まれ育った大島から薩摩の西郷家に引き取られた9歳から米国留学へ旅立つ12歳までを演じた。撮影はすべてNHKのスタジオだったため、「初めての奄美大島。ゆかりの地を訪ねて、菊次郎は本当にいたんだと実感できました。最終回を菊次郎の生まれた場所・奄美で見ることができてとてもうれしい、感動でいっぱいです」とコメント。

 撮影では、「奄美のことばと薩摩ことばを混ぜて話さなければならないこともあって大変だったけれど、たくさんの人が助けてくれて演じきることができた」と振り返り、父・隆盛役の鈴木亮平との共演は「演技の勉強になった。『ここは強く言った方がいいよ』などとお芝居へのアドバイスもいただいて、励みになった」と話していた。

 里は「奄美の美しさがここまで使われていることは誇らしい。初めてのテレビドラマ出演が『西郷どん』。緊張したけれど、島唄を歌う役だったので、歌うことで緊張が和らいだ。ドラマを通して、奄美のことを、島唄のことを知っていただけて感謝の気持ちでいっぱい」であるとももに、「エールを受け取った気分」。

 前山は「この番組に関わることができたのが一生の財産。同世代の鈴木亮平さんや瑛太さんが第一線で頑張っている姿を見ることができたのも、歌い手として刺激を受けた。島の出身であることを誇りに思えたし、歌い手としても誇りを持って歌っていきたい」と話していた。

オリコントピックス