ドラマ&映画 カテゴリ

中島健人、遠藤憲一と『ドロ刑』涙の撮了「すてきなクリスマスプレゼント」

 人気グループ・Sexy Zone中島健人が、15日に最終回を迎える日本テレビ系連続ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』(後10:00)をクランクアップさせた。撮影終了を待っていた秘密の“相棒”を演じた遠藤憲一から花束を渡された中島は「顔合わせの時からずっと、みなさんと一緒に最高のクリスマスが過ごせればいいなと思っていたんですけど、ドロ刑という現場が、自分にとってのすてきなクリスマスプレゼントになったと思います」と涙ながらに達成感をにじませた。

 最後の撮影は都内某所の橋の上、雨が降りしきり厳しい寒さの中で行われ、中島演じる主人公の刑事・斑目(まだらめ)を育ててきた泥棒・煙鴉(けむりがらす)役の遠藤が一足早く撮了。中島から花束を渡されがっちり抱き合い、「一生に一度できるかできないかという貴重な役をいただいて、本当に楽しんでやらせてもらいました。ケンティーを始め、人柄のいい人たちの集まりだと日々感じていました。貴重な3ヶ月でした、ありがとうございました」と感謝の言葉を口にした。

 中島は、自分の撮影が終わるのを待っていてくれた遠藤とスタッフの前で「この作品に参加させていただいたことにものすごく感謝しています。本当に愛がたっぷりの現場で、エンケンさんを始め共演者のみなさん、監督やプロデューサーやスタッフのみなさん、全ての方が、愛情たっぷりに3ヶ月、自分が青二才でやりきれない部分もあったんですけど、全部フォローして引っ張ってくださって。すごく楽しく撮影することができました」と言葉を詰まらせた。

 「もともとお芝居が好きだったんですけど、この現場のおかげで、さらに、もっと好きになりました!3ヶ月間みなさんとたくさんの愛をはぐくむことができて、すてきな現場を作ることができて、本当に感謝しております。ドロ刑の現場の経験を生かして、未来に向かって邁進したいと思います。本当にありがとうございました!」と、最後は最高の笑顔で締めくくると盛大な拍手が送られ、遠藤と2人仲良くその場をあとにした。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索