• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • CM
  • 【平成CMタレントランキング】王者は所ジョージ、女王は上戸彩 最強グループはSMAP

【平成CMタレントランキング】王者は所ジョージ、女王は上戸彩 最強グループはSMAP

 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは13日、平成30年の各年の「タレントCM起用社ランキング」を発表。最も多くの年間1位を獲得したのは、男性部門が7度の年間王者となったタレントの所ジョージ、女性部門が6度も年間女王に輝いた女優の上戸彩だった(※起用数が同じタレントが複数いる場合は1位も複数となる)。

 所は平成4〜8年に5連覇すると10&11年にも返り咲き、平成前期に圧倒的な強さを見せた。その所に続くのが、5回の1位を獲得したタレントの中居正広(平成8・9・13・14・17年)、俳優の香取慎吾(平成9・11・12・14・18年)、そして俳優の木村拓哉(平成17〜21年)。さらに、俳優の草なぎ剛も平成16年に1位になっており、平成中期はSMAPが最強のタレントパワーでCM界を完全に席巻していた。

 平成後期に頭角を現したのが、中居&木村&香取と同じく5回の1位を獲得したプロゴルファーの石川遼選手(平成21〜25年)をはじめ、プロテニスプレーヤーの錦織圭選手(平成28年)、元テニス選手でスポーツコメンテーターの松岡修造氏(平成20・26年)などのスポーツ選手たち。また、相葉雅紀が2回(平成27・28年)、櫻井翔が1回(平成26年)1位となっており、嵐の躍進も目立つ結果となった。

 女性部門では、平成前期は宮沢りえ(平成2・3年)、牧瀬里穂(平成3・5年)、鈴木杏樹(平成6・7年)の3人が2度の女王に輝き、小泉今日子(平成3年)、観月ありさ(平成4年)、鈴木蘭々(平成8年)なども1位を獲得。中期は元祖“癒やしの女王”こと女優の飯島直子が4度(平成9・10〜12年)の1位で盤石の強さを見せたほか、菊川怜(平成14・15年)、仲間由紀恵(平成17・18年)、篠原涼子(平成18・19年)の3人が2度の女王になり、松浦亜弥(平成17年)、伊東美咲(平成18年)、ベッキー(平成20年)らも1位を獲得した。

 その後、平成23年には大島優子、平成24年には板野友美&篠田麻里子が1位を獲得する“AKB48時代”を経て、モデルのローラ(平成26・28年)が2度の女王に。武井咲(平成25年)、吉田羊(平成28年)、乃木坂46の白石麻衣(平成30年)などさまざまな顔ぶれが1位となったが、平成16年から27年までの長期にわたって人気を集めた上戸彩が“平成のCM女王”の称号を手にした。

 CMに起用されるタレントは、まさに時代を映す鏡。年号が変わる来年以降は、どんな顔が年間1位となるのか。

■平成元年から30年までのタレントCM起用社数1位一覧(男性/女性)
※複数人の場合は五十音順



【調査概要】
調査項目:テレビCMに出演している男女タレントの起用社数ランキング
調査期間:1989年〜2018年 各年の1月1日〜11月30日
※1989年〜2007年 集計年に新規素材として放送が確認できたテレビCMをカウント
※2008年〜 集計年に放送が確認できたテレビCMをカウント
対象局:日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ (東京地区民放5局地上波オンエア分)
備考:番組宣伝、本人出演の番組コラボCM、本人出演のCD/DVD/アプリ/ゲーム・楽曲配信・映画CM、楽曲PV内出演、ナレーションのみでの出演等は除く。
備考:起用社数の集計は、各タレントの「契約期間」ではなく「画面上に出演したCMが実際に放送されたかどうか」でカウント
備考:男女の分類については、実際の性別問わずキャラクターとしての男性枠、女性枠でカウント
(すべてニホンモニター調べ/同社サイト:http://www.n-monitor.co.jp/2018/12/13/1189)

オリコントピックス

 を検索