アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 寺田心、『ミラノ国際映画祭』最優秀主演男優賞に大喜び 監督も「天才」と絶賛

寺田心、『ミラノ国際映画祭』最優秀主演男優賞に大喜び 監督も「天才」と絶賛

 映画『ばあばは、だいじょうぶ』(2019年春公開)で主演を務めた子役の寺田心(10)が『ミラノ国際映画祭2018』外国映画部門で最優秀主演男優賞を受賞し、12日、都内で受賞記念会見を行った。

【写真】その他の写真を見る


 この日は、同映画で外国映画最優秀監督賞を受賞したジャッキー・ウー監督と共に登壇。寺田は「外国で映画が上映されることしか聞いていなかったので本当にびっくりしました」と受賞を聞いた時の感想を述べ、「(映画で共演した)冨士眞奈美さんと、本当のおばあちゃん、いつも応援してくれている方々に感謝したいです」と喜んだ。

 家族の反応を聞かれると「母も一緒に映画祭に行って、ずっと泣いていました。本当のおばあちゃんも」と話すと、ウー監督から「心くんも泣いてたね」とツッコまれ「本当にうれしかったんです」と満面の笑みで答えていた。まだ、イタリアから帰国してから実家の愛知県には戻っておらず「おばあちゃんと一緒にご飯が食べたい。欲しいものは『牛肉パズル』(牛肉の部位がわかる立体パズル)です」と、おねだりをする場面もあった。

 ウー監督は「最初は子役という感覚だったが、初日から役者としてリスペクトするようになった。この言葉は使いたくないが“天才”だと思う」と演技力を絶賛していた。

 原作は楠章子氏作、いしいつとむ氏が絵を担当し、累計発行部数10万部を突破した絵本。楠氏が子どものころの祖母との体験を元に描かれ、「老い」や「認知症」をテーマにしている。冨士が祖母、寺田が孫、平泉成が隣に住む優しいおじさんを演じる。



関連写真

  • 『ミラノ国際映画祭2018』外国映画部門で最優秀主演男優賞を受賞した寺田心 (C)ORICON NewS inc.
  • 外国映画最優秀監督賞を受賞したジャッキー・ウー監督(右)も出席 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ミラノ国際映画祭2018』受賞記念会見を行った(左から)寺田心、ジャッキー・ウー監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ミラノ国際映画祭2018』で外国映画最優秀監督賞を受賞したジャッキー・ウー監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ミラノ国際映画祭2018』受賞記念会見を行った(左から)寺田心、ジャッキー・ウー監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019