ドラマ&映画 カテゴリ

藤波辰爾&LEONA親子『ドロ刑』でドラマ初共演 体格生かしボディガード熱演

 プロレスラーの藤波辰爾(64)と長男で同じくプロレスラーのLEONA(25)が、15日放送の日本テレビ系連続ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』(毎週土曜 後10:00)最終回に出演することが12日、明らかになった。親子そろってのドラマ出演は、今回が初となる。

 2人が演じるのは、煙鴉(遠藤憲一)の標的となる柏田不動産会長(渡辺哲)の屈強なボディガード。プロレスで鍛えた体を生かし、体当たりで演じきった。親子共演を果たした藤波は「息子LEONAにとっては、ドラマ、初体験。プロレスのリング上とは、また、違った良い経験になったのでは? 今回『ドロ刑』の最終回に出演できたことは、親子そろっての最高の思い出になりました」と感激。

 LEONAも「初めてドラマに出演させて頂き本当に素晴らしい経験をさせて頂きました。中島健人さん、遠藤憲一さんをはじめとする錚々たる皆さんとご一緒できたこと、そして父と共にドラマに出演できたことはかけがえのない思い出となりました!試合とは違う緊張感がありましたが精一杯やりました!」と感無量。出演者やスタッフに「ありがとうございました!」と元気にあいさつした。

 最終話では、斑目(中島健人)たちは、煙鴉が次なるターゲットに予告した柏田不動産の会長・龍崎一郎の身辺警護をするが、煙鴉の巧妙な罠にはまり、龍崎のスマホを盗まれてしまう。煙鴉が犯罪予告をした相手から盗むのはいつも個人情報に関する物だと気付いた斑目は、その目的に考えを巡らせる…。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索