アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 霜降り明星『THE MANZAI』に緊急参戦 『M-1』とは別ネタで勝負「夢の舞台に立てた」

霜降り明星『THE MANZAI』に緊急参戦 『M-1』とは別ネタで勝負「夢の舞台に立てた」

 2日に開催された『M-1グランプリ2018』を史上最年少で王座に輝いたお笑いコンビ・霜降り明星が、人気・実力を兼ね備えた漫才師たちがとっておきのネタを披露する“年に一度の漫才の祭典”『Cygames THE MANZAI 2018 マスターズ』(フジテレビ系 9日 後7:00〜10:24)に“緊急参戦”することがわかった。ずっと立ちたかったという夢の『THE MANZAI』出演に、粗品は「出た瞬間から大盛り上がりで、最高の環境でした! ずっと、(MCの)ナインティナインさんにネタを見てほしかったんですよ。フジテレビの『新しい波24』でめっちゃお世話になっていたので。その恩をこれから返していきたいです」と語った。

 相方のせいやも「名前呼ばれたときに『キャー!』って歓声が聞こえて。僕ら、これまで“歓声浴びたことない芸人”やったんですよ! 歓声をいただいて『M-1チャンピオンになったんやな』という実感がありました」と王者を実感した様子。「袖(そで)にいるたけしさんが拍手してくださっているのが見えて…。もう夢の舞台ですね! 『THE MANZAI』はまさしくエンターテインメント。『お笑いやってんなー』という実感をかみしめました。ずっと出たかった夢の舞台に立つことができてめっちゃうれしかったです!」と喜びを爆発させた。

 『THE MANZAI』では、『M-1』とは違ったネタを披露するようで、それぞれ「豪華漫才師の方々と一緒の舞台に立てるのはめちゃくちゃ光栄なことですよね。『M-1』と違うネタで、尺も長くやらせていただきましたので、ぜひ楽しんで見ていただければうれしいです」(粗品)、「こんなすてきな舞台に立てて、これからも『THE MANZAI』を引っ張っていけるような漫才師になって頑張っていこうと気合が入りました。そして、僕の口の渇き具合と、ちょっとした疲れ具合も楽しんでいただければと思います」(せいや)と呼びかけている。

 今回、THE MANZAI実行委員会によって選出された漫才師は、霜降りのほかに海原やすよともこ、ウーマンラッシュアワー、おぎやはぎ、銀シャリ、サンドウィッチマン、タカアンドトシ、千鳥、チュートリアル、テンダラー、トレンディエンジェル、とろサーモン、ナイツ、中川家、流れ星、NON STYLE、博多華丸・大吉、爆笑問題、ハマカーン、パンクブーブー、矢野・兵動、笑い飯(※五十音順)の21組。MCは最高顧問のビートたけしとナイナイの3人が務める。

 また、1日に放送された事前番組『Cygames THE MANZAI 2018 プレマスターズ』の観覧投票で選ばれた上位2組が“若手勝ち抜き枠”として番組への出場権を獲得する。



オリコントピックス