アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 亀梨和也、主演ドラマ『手紙』に捧げた“日常”「鏡を見ないようにしていた」

亀梨和也、主演ドラマ『手紙』に捧げた“日常”「鏡を見ないようにしていた」

 KAT-TUN亀梨和也が5日、東京・六本木のテレビ東京で自身が主演するドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』(19日 後9:00)の試写会に出席。犯罪加害者の弟となってしまい、さまざまな差別や偏見に苦しむ主人公・武島直貴を演じた苦労や役作りの秘話などを、共演の佐藤隆太本田翼とともに語り合った。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、映画化、舞台化もされている人気作家・東野圭吾氏の代表作を、刊行当時(2003年)より情報の拡散力が上がった現代版として脚色。亀梨は「日々、葛藤だった」という撮影を振り返り、「役に入り込むというか、捧げていた」と話した。

 その言葉どおり、本作での亀梨は「ビジュアル的な部分でも、なんかちょっとぽてっとした。大勢の人の中になじんで、できるだけ目立たない存在でいてほしいということで、ドラマスタッフにお任せしました」とアイドルオーラを排除。「撮影期間中は、髪を洗ってトリートメントを使うとなんか潤っちゃっている?と思って、使うのをやめておこうとか(笑)。目が赤く充血していても普段なら目薬をさしてケアするところを、それも生かしていこうとか、鏡を見ないようにするとか、普段の自分とは違ったルーティンを持ってみたり、より猫背気味でいるとか、していました」と、細かな努力をしていたことを明かした。

 トリートメントの話は、佐藤も「わかる、わかる。それがどれだけ役作りに効果があるのかわからないけど、そういう気になる」と激しく共感していた。

 劇中では亀梨が歌うシーンも2ヶ所あり、ここでも普段の亀梨和也とは一線を画していかなければならなかった。「なんちゃってアーティストなので」と謙遜しつつ、「自分の歌にはくせがあると言いますか、そのくせが強めというか(笑)。でもドラマの中ではすてきにも聴こえないといけない。監督の要望に応えつつ、音楽指導に従って歌わせていただきました。うまく、間を取れたと思います」と、アピール。

 タイトルにちなんだ「手紙」に関するエピソードでは、「手紙をいただくシチュエーションはけっこうありまして、言えるものから言えないものまであるんですが、子役の子たちと共演すると、撮影が終わってお別れする時に皆さんお手紙をくださるんです。加藤清史郎くんや鈴木福くんが、まだ歯が生え変わるころにもらった手紙も全部とってあります。プロデューサーや脚本家の方からいただく手紙にも思いが込められているので、しっかりカギがかかる金庫みたいなお手紙ボックスに入れています」と話していた。

 今回、亀梨演じる直貴と本田演じる由実子の娘を演じた子役の前田織音は「最初、全然なついてくれなかった」と亀梨がぼやくと、本田が「照れちゃっていたんですよ」とフォロー。亀梨は「後半は来てくれるようになったね」と思い出したかのように話し、笑いを誘っていた。



関連写真

  • 亀梨和也 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)佐藤隆太、亀梨和也、本田翼 (C)ORICON NewS inc.
  • テレビ東京ドラマSP『東野圭吾 手紙』の記者会見に出席した亀梨和也 (C)ORICON NewS inc.
  • テレビ東京ドラマSP『東野圭吾 手紙』の記者会見に出席した佐藤隆太 (C)ORICON NewS inc.
  • テレビ東京ドラマSP『東野圭吾 手紙』の記者会見に出席した佐藤隆太 (C)ORICON NewS inc.
  • テレビ東京ドラマSP『東野圭吾 手紙』の記者会見に出席した本田翼 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス