ドラマ&映画 カテゴリ

北大路欣也主演、新たな刑事ドラマ誕生 風間俊介・上白石萌音も出演

 俳優の北大路欣也主演で、新たな形の刑事ドラマ『記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜』が、1月期のテレビ東京系金曜8時のドラマ枠(毎週金曜 後8:00)で放送される。警視庁新宿東署刑事課司法係を舞台に、見落とされそうな手付かず案件を追う車椅子の刑事・鬼塚一路の活躍を描く。共演に、チーム同局の連続ドラマ初出演の風間俊介、同局のドラマ初出演となる上白石萌音が決定。『3匹のおっさん』でおじさん3人のチームワークで悪を成敗していた北大路が、今作では若い2人とチームを組み事件解決に奔走する。

【写真】その他の写真を見る


 北大路が演じる鬼塚は、管轄区域・新宿の街並みに完璧な記憶を持ち、昭和と平成、両方の“記憶の街”を頭に描くことで事件解決の糸口を見つけ出していく。風間が演じるのは、警視庁捜査一課・管理官のポジションから、新宿東署の刑事官として異動してくるキャリアの神啓太郎。上白石は、念願の刑事課に配属され、熱意あふれる警察官・遠山咲を演じる。

 脚本は、人気ドラマ『相棒』『科捜研の女』など、数多くの刑事ドラマを手掛けた、櫻井武晴氏。舞台となる司法係とは、警察官が認知した犯罪を「刑法犯認知情報票」として警視庁にデータを送信する部署。各警察署が送信するこの「認知票」が、各種犯罪統計の基礎となるため、重要な警察データの一つである。また、受理番号のついた盗難品、指名手配犯などの通報窓口でもある。

 北大路は、本作への意気込みを、自身の“新宿”の思い出とともにこう語っている。「私が東京に出てきて、初めて私を迎え入れてくれた友達が新宿に住んでいました。なので新宿に対する愛着、思い出があって、鬼塚と自分の人生がミックスされるような部分があります」。

 鬼塚は、捜査中のアクシデントで車椅子が必要な状態に。それを演じる北大路にとっても挑戦となる。「それを乗り越えるだけのフォローしてくださる人たちと自分自身を支える強いものがある。本来なら、こんな私だからもう若い人に任せよう、というのが普通だと思うんですけど。ただそこを、人間、生きているんだけど生かされている、そういうものも背負っていて、生かされているんだから世のため人のため何か力にならなきゃいけない、とすごく前向きに捉えている。自分の経験を生かすために、与えられたチャンスをビッグチャンスだと思って再挑戦する。そんな仕事人だと思います。これから体感する鬼塚の物語を共に楽しんでいただきたいと思います」と話していた。

 風間は、「北大路さんが出演される刑事ドラマと聞いた瞬間、台本を開く前から『ぜひ、出演したい! 共演させていただきたい』と思いました。骨太な物語の中に、ユーモアもたくさんある台本を読んで、撮影が楽しみになりました。北大路さんは同じ作品には出させていただいたことがあるのですが、目を見てせりふを交わすのは初めてです。たった一言でも、そのシーンの全てを決定付ける北大路さんのお芝居を観て、いつもテレビの前で痺れていました。目の前で観られることが楽しみなのと同時に、しっかり受け止められるよう、心の準備をしておこうと思います」と、クランクインを心待ちにしている。

 上白石は今回が初めての社会人役でもあり、「『刑事ドラマ』と聞いて驚きました。わたしもそんな役をいただける歳になったのか、と思いました。そして共演させていただくお二人のお名前を伺って身が引き締まりました。新米警察官という役柄同様、お二人の背中から沢山学ばせていただこうと思います」と意気込んでいる。

関連写真

  • テレビ東京系金曜8時のドラマ『記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜』(2019年、1月スタート)主演の北大路欣也(中央)、風間俊介(右)、上白石萌音(左)
  • テレビ東京系金曜8時のドラマ『記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜』(2019年、1月スタート)主演の北大路欣也
  • テレビ東京系金曜8時のドラマ『記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜』(2019年、1月スタート)風間俊介の出演決定
  • テレビ東京系金曜8時のドラマ『記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜』(2019年、1月スタート)上白石萌音の出演決定

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索