ドラマ&映画 カテゴリ

岡田将生、時任三郎の「怖かった」発言に絶句

 俳優・岡田将生が23日、都内で行われた映画『家族のはなし』初日舞台あいさつに出席した。父親役の時任三郎から「怖かった」と言われた岡田は、自身が怖いと思われていたと勘違いし絶句。演技のことだとわかると安心した様子で“親子トーク”を繰り広げた。

【写真】その他の写真を見る


 岡田の印象を聞かれた時任は「怖かったです」と言い、岡田は口を開けて絶句。すかさず時任が「本人じゃないよ。芝居のほうですね」と説明すると「自分が怖いと言われたと思いました。久々に絶句しました」と苦笑い。時任は「迫真の演技だったんでね。そのおかげでナチュラルな反応ができました」と岡田の演技力を絶賛した。

 この日は「勤労感謝の日」とあり、岡田はサプライズで父親役の時任と母親役の財前直見に花をプレゼント。受け取った時任は「うれしいです。怖かったんで」と最後まで岡田をいじり、笑いを誘った。

 原作はお笑い芸人・鉄拳のパラパラ漫画『家族のはなし』。ある挫折をきっかけに自分の進むべき道を失った主人公・小林拓也(岡田)は、田舎の両親の元を離れ、東京で仕送りを受けながら大学生活の傍らバンドに熱中し、プロを目指すようになる。さまざまな挫折を経て家族の温かさを再発見しながら成長していく主人公と、そっと支える両親の切なくも心温まるストーリーとなっている。

 舞台あいさつには、鉄拳、金子大地成海璃子山本剛義監督も登壇した。

関連写真

  • 映画『家族のはなし』初日舞台あいさつに登壇した(左から)岡田将生、時任三郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 勤労感謝の日に父親役・時任三郎、母親役・財前直見に花を贈った岡田将生 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『家族のはなし』初日舞台あいさつに登壇した(左から)鉄拳、金子大地、成海璃子、岡田将生、時任三郎、財前直見、山本剛義監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『家族のはなし』初日舞台あいさつに登壇した(左から)岡田将生、時任三郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『家族のはなし』初日舞台あいさつに登壇した岡田将生 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『家族のはなし』初日舞台あいさつに登壇した財前直見 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『家族のはなし』初日舞台あいさつに登壇した時任三郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『家族のはなし』初日舞台あいさつに登壇した成海璃子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『家族のはなし』初日舞台あいさつに登壇した金子大地 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『家族のはなし』初日舞台あいさつに登壇した鉄拳 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『家族のはなし』初日舞台あいさつに登壇した山本剛義監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索