アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 亀梨和也主演『東野圭吾 手紙』兄役は佐藤隆太、ヒロイン役は本田翼

亀梨和也主演『東野圭吾 手紙』兄役は佐藤隆太、ヒロイン役は本田翼

 亀梨和也が主演するテレビ東京系ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』(12月19日 後9:00)でこれまで伏せられていたキャストが発表された。物語のキーパーソンとなる、武島直貴(亀梨)の兄・武島剛志役は佐藤隆太、ヒロイン・白石由実子役は本田翼が演じる。

 映画化、舞台化もされている人気作家・東野圭吾氏の代表作『手紙』をドラマ化。犯罪加害者の弟となってしまった直貴が、周囲の差別や偏見に苦しみながらもやがて自分の家族を持つまでの軌跡を、劇中で交わされる兄弟の手紙を通して、丁寧に描く。

 弟・直貴を大学に入れたい一心で、強盗殺人の罪を犯してしまい獄中から直貴に手紙を送り続ける剛志は、物語の重要なポイントになる難しい役どころ。佐藤は「本音を言うと少し怯みましたね、自分に務まるのだろうかと。でもキーになる役を演じられるのは役者としてはうれしいことなので、ありがたく参加させていただきました」と、コメント。

 亀梨とは「初共演だったのですが、ほとんどお話できなかったですね。2日間しかご一緒できなかったというのもありますが、ドラマでの間柄上、あまり話さない方がいいとお互い思っていたと思うので…」と明かす。

 そんな中でも話したことは、「本当にしんどいよね、ってことでした。僕はたった3日の撮影だけでもしんどかったのに、亀梨さんは、この重いテーマの中で直貴というキャラクターに1ヶ月間も添い続ける。本当に大変だろうなと思いました。そんなハードな精神状態の中でも集中力を持って、お芝居に対して真っすぐに向き合っていらっしゃるので、すごく気持ちがいい人だなと思いました。だから撮影が終わった時、『また今度、陽気な作品でも一緒にやりたいですね!』なんて話をしました」。

 一方、本田が演じる由実子は、直貴の仕事先で事務員として働く女性。直貴を精神的に支え続け、のちに妻となる。彼女自身も悲しい過去を抱えているという役どころ。亀梨とは初共演で、その印象は「夫婦としてどう演じようかとか、夫婦はこんなふうに話すのかなとか想像しながら会話する中で、無邪気な部分が垣間見えたり、合い間で新聞を読んでいらっしゃったりしていたので、私がそれまで抱いていたイメージとは違いました」。

 また、今作で本田は母親役に初挑戦。「そこが一番の悩みどころでした。娘がケガをするシーンでは、6歳くらいの子どもの母親はどう対応するんだろう、もっと焦ったりするのかな?と、自分なりに考えて演じたのですが、本当に難しかったですね。想像するしかなかったので。まずは娘役の織音ちゃんにお母さんと思ってもらえるよう信頼関係を築きたいと思い、現場にいる時はできるだけ一緒に過ごすようにしました。でも私、子どもは好きなのですが、今まであまり絡む機会がなく、知り合いにも小さい子がいないので、遊んだこともほとんどなかったんです。だから実際遊ぶとなるとどうしていい,か…改めて母は強いな、母に感謝!と思いました」と、話していた。

 同ドラマにはほかに、広瀬アリス中村倫也高橋努眞島秀和西田尚美渡辺いっけい田中哲司榎木孝明小日向文世などが出演。監督は、東野氏原作の映画『白夜行』(2010年)の監督を務め、ドラマ『破獄』(17年、同局)で、「東京ドラマアウォード2017」作品賞「単発ドラマ部門」グランプリを受賞した深川栄洋氏が担った。



関連写真

  • 12月19日放送、テレビ東京系ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』主人公・武島直貴(亀梨和也/右)と兄・武島剛志(佐藤隆太/左)(C)テレビ東京
  • 主人公・武島直貴の兄・武島剛志を演じる佐藤隆太(C)テレビ東京
  • 直貴を支えるヒロイン・白石由実子を演じる本田翼(C)テレビ

オリコントピックス