アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 木村佳乃×水野美紀、ヒットの鍵は“子ども”にあり!? 愛憎劇で“大人”を魅せる

木村佳乃×水野美紀、ヒットの鍵は“子ども”にあり!? 愛憎劇で“大人”を魅せる

 テレビ朝日系で10日にスタートする土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』(毎週土曜 後11:15)に主演する木村佳乃と、敵役を務める水野美紀がドラマの魅力や撮影中のエピソードなどを語った。

 同ドラマは、40代の男女の群像劇を描いた連城三紀彦氏の小説『隠れ菊』を現代バージョンでドラマ化。「決して負けたくない」との思いで戦う女性たちと、その渦中に巻き込まれ消耗していく男たちの激しくも美しい愛憎劇が描かれた原作は第9回柴田錬三郎賞を受賞した名作だ。

 主人公は結婚して20年になる上島通子(木村)。料亭の御曹司で板長を務める夫・旬平(萩原聖人)のもとに嫁ぎ、専業主婦として2人の子どもを育てる日々。ただ、夫の母である亡き姑とは折り合いが悪かった。そんな通子の前にある日突然、夫の愛人と名乗る女・矢萩多衣(水野)が現れ「ご主人をいただきにまいりました」と告げる。6年前から旬平と関係を持っていたと語る多衣は通子に夫の署名入りの離婚届を突きつけるのだった。しかも夫の料亭は多額の負債で倒産寸前であることも発覚。思いもよらなかった事態に直面した通子は、旬平との婚姻届を引き合いに多衣から6000万円を借り、自らが女将となって料亭を立て直すことを決意する。

 この3人のほかにも、通子の幼なじみで密かに彼女への想いを抱えていた建設会社社長・笠井芯太郎(田中哲司)や、料亭の板前・矢場俊介(青柳翔)、料亭で働く堀口八重(荻野目慶子)らがそれぞれの思惑で動き、ドロドロした感情が交錯する、愛憎劇を繰り広げる。

――絶賛、撮影中とのことですが、第1話の仕上がりを見ての手応えは?

【木村佳乃】実は自分のドラマを見るのって得意じゃなくて(笑)、冷静に観られないのですが、今回は(1話の演出を手掛けた)植田尚監督から、いろいろな面を引き出していただいたな、と思いました。ドロドロしたドラマなのですが現場はとても軽快で楽しくて。第1話では、水野さんが演じる多衣の「ご主人をいただきにまいりました」というせりふが印象的なんですが、音楽などを含めてもっとドロっとした感じになるのかと思っていたら、上品に仕上げてくださったんだな、と思いました。

【水野美紀】いまの感覚でこのドラマを見たらびっくりすると思います。萩原さんが演じる旬平さん、「この人、何なの?」って思うんじゃないかな。相当、変わっていますよね(笑)。お妾(めかけ)さんを作ることが普通の感覚としてあった頃っていつの時代? 口数も少なくて、背中を見て言わんとすることを察してくれって(笑)。小説の文学的な言葉をそのまま生かしたせりふも多く、すごく“昭和”という時代を感じさせるなぁって思いました。

――ドラマの制作発表の時に、木村さんは「大人の方はもちろんですが、お子さんたちさえもひきつけられるような作品にできたらいいなと思います」とコメントを出されていたのですが。

【木村】私自身、ドロドロした良質のドラマを見るのがすごく好きでした。小さい頃、親に隠れてコッソリ見ていましたよ。見ちゃいけないって言われれば言われるほど、見たくなるものですよね(笑)。それに、子どもをひきつけられるドラマは、やはり面白いと思うんです。子どもは正直ですから。低学年の子は意味がわからないかもしれませんが、高学年以上なら楽しめるんじゃないでしょうか。

【水野】こんな大人になりたくないって、思うのかな(笑)。

――女たちの野心と欲望が渦巻くドロドロ愛憎劇って、他人事だとやはり面白いですよね。

【木村】現実離れしたドロドロもありますので、ツッコミを入れながら見ていただけると、楽しく見ていただけるのではないでしょうか。ストレス解消ドロドロを目指します。

【水野】普段の生活の中で自分のドロッとした感情を表に出すことはほぼないので、こうして役を借りて相手にバトルを仕掛けたりドロドロした思いをストレートに言葉にして出せたりするのが、とても楽しいです。ぜひ私たちをご自身に置き換えて疑似体験として楽しく端から見ていただければと思います。

【木村】展開が早いので、ついてきてほしいですね。

【水野】1話は通子さんが本当に気の毒な感じなんですけど、2話以降、通子さん、そう来るか、というびっくりするような展開が待っています。後半になると、通子さんと多衣に友情というか戦友のような絆ができて、わかり合っていく人間関係の機微はリアルだと思う。それこそ、“大人”って感じです。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス