アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • マンガ
  • 『島耕作』初のフィギュア商品化 ガシャポンで課長、社長など過去の役職を発売

『島耕作』初のフィギュア商品化 ガシャポンで課長、社長など過去の役職を発売

 弘兼憲史氏の漫画『島耕作』シリーズの主人公・島耕作が、バンダイが展開するカプセル自動機専用コレクションフィギュア『コレキャラ!』シリーズで、初のフィギュア商品化されることが6日、発表された。

 『コレキャラ!』シリーズは全高約3センチの台座付き彩色済みフィギュアで、集めて並べて楽しめるように、ボディの形状と頭部のサイズをフォーマット化。これまでに『スター・ウォーズ』や『ONE PIECE』『仮面ライダー』シリーズなど、さまざまなキャラクターを“コレキャラ!”化し、発売から約1 年でシリーズ累計約80万個を出荷している。

 1983年から現在まで『週刊漫画雑誌モーニング』(講談社)で連載されている『島耕作』シリーズは、サラリーマン島耕作の出世を描く人気漫画。『島耕作』をサラリーマンの理想とする開発担当者が、島耕作が過去経てきた役職を『コレキャラ! 島耕作』としてフィギュア化した。台座には各作品のロゴが入っているため、並べて飾ることで課長、部長、社長、会長と出世遍歴を辿ることができる。

 島耕作のフィギュアが商品化されるのは本商品が初で、ターゲットは「島耕作」をリスペクトするすべての男性。2019年1月下旬から全国の玩具売り場、家電店や量販店などに設置されたカプセル自販機で発売される。全8種類、1回300円。



オリコントピックス