アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ナイナイ矢部、親心揺さぶられ本音ぽろり「家に帰ったら子供抱きしめよう」

ナイナイ矢部、親心揺さぶられ本音ぽろり「家に帰ったら子供抱きしめよう」

 ナインティナイン矢部浩之が、3日放送のフジテレビ系土曜プレミアム『目撃!超逆転スクープ2〜世紀の凶悪監禁犯vs決死の生還〜』(後9:00)でMCを務める。凶悪誘拐犯に3000日監禁され続けた10歳少女の壮絶な日々など、親としては見るのがつらいような、心揺さぶられるVTRを見届けた矢部は「家に帰ったら子供抱きしめようと思う」「親の存在は大事ですね」「男は弱いな…」とコメント。二児の父としての本音をのぞかせた。

【写真】その他の写真を見る


 同番組は世界・日本で起きた衝撃の大事件、大事故、感動の物語など、実際にあったまさかの大逆転ストーリーを描くシリーズ特番の第2弾。今回取り上げるのは、1998年にオーストリアのウィーンで起こった誘拐犯から奇跡の生還を果たした少女と、ブラジル全土に生中継されたバスジャック犯と乗客の救出作戦に挑んだ警察の特殊部隊による壮絶な闘い。世界を震撼させた事件を実録映像と再現ドラマで描きながら、スタジオでは迫力あるプロジェクションマッピングで犯人の行動を目撃。その真相を謎解きしながら“体感”していくドキュメンタリーとなっていく。

 収録を終え矢部は「自分ではこの先も経験できないであろうことが、同じ地球上で起こっているので、同じ人間やから…って考えると、VTRで感動や喜怒哀楽が全部来る感じですよね。見終わったら疲れます、リアルなので。すべてが実話ですからね…。個人的にはブラジルの事件が好きです。サンドロ(容疑者)のせつなさ、とかね。(サンドロは)成人していますけど、親がいなくて、殺されて…って。息子のこととか考えてしまいました。独身のときとは違う感想やろうな、ってね」と、親となったからこその捉え方もあったよう。

 収録では子どもを思う親目線のコメントも飛び出したことに「無意識で正直に出ているんでしょうね。基本的に毎日子どものことを考えているので。家おるときとか、まだ小さいので目の前におるのでね。ママからいろいろな情報や話が入ってくるじゃないですか。○○くんとけんかしたとか。こういうときに何が正解なのか、自分らはこうしよう、とか考えているので、やはり親目線のコメントが出ますよね」としみじみ。

 ともに出演した出川哲朗小島瑠璃子とともにVTRを観ながら感情をあらわにする場面も。「僕は自然にできました。『無理に笑いにせんでええわ!』って。事件は実際にあったことですし、思ったことを自分流に表現できればと思っていました。あんな大作2本見れて、ギャラもらえるってすごいですよ」と見応えを力説していた。



関連写真

  • 3日放送土曜プレミアム『目撃!超逆転スクープ2 世紀の凶悪監禁犯vs決死の生還劇』に出演する出川哲朗、矢部浩之、小島瑠璃子 (C)フジテレビ
  • 3日放送土曜プレミアム『目撃!超逆転スクープ2 世紀の凶悪監禁犯vs決死の生還劇』に出演する小島瑠璃子(C)フジテレビ
  • 3日放送土曜プレミアム『目撃!超逆転スクープ2 世紀の凶悪監禁犯vs決死の生還劇』に出演する矢部浩之、出川哲朗(C)フジテレビ
  • 3日放送土曜プレミアム『目撃!超逆転スクープ2 世紀の凶悪監禁犯vs決死の生還劇』に出演するる出川哲朗、矢部浩之、小島瑠璃子 (C)フジテレビ

オリコントピックス