アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 阿部寛「なぜ、僕なんだろう」 高倉健さん主演映画リメイク2作目

阿部寛「なぜ、僕なんだろう」 高倉健さん主演映画リメイク2作目

 俳優の阿部寛と女優の常盤貴子が10月31日、東京・渋谷のNHKで単発ドラマ『遙かなる山の呼び声』(11月24日 後9:00 BSプレミアム)の試写会に出席した。同ドラマは、1980年に公開された山田洋次監督の同名映画を38年の年月を経てリメイクしたもの。映画では故・高倉健さんと倍賞千恵子が共演した。高倉さんが演じた役を阿部が演じるのは、2011年に日本テレビ系で放送された『幸福の黄色いハンカチ』に次ぎ、2作目。阿部は「なぜ、僕なんだろうか」と、胸の内を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 2度目のオファーに阿部は「正直、非常にプレッシャーは大きかったです。健さんが演じた役をやるというのは、役者だったら誰もが断ると思うんですよね」と、自嘲気味に笑みを浮かべ「健さんによって完成されている作品の雰囲気がある」とリメイクの難しさを指摘。

 そんな阿部に2度目の決心をさせたのは、山田監督の存在だった。今回も山田監督が脚本に関わり、2018年版の脚本を任された坂口理子氏(映画『メアリと魔女の花』)とシナリオハンティングのために、舞台となる北海道中標津を再訪。「結局、最後まで一番頑張っていたのは山田監督。最終的にせりふの大部分は山田監督が書かれて、愛情たっぷりの作品になりました」(松竹の亀井威氏)。

 夫を失いながらも酪農に夢と生涯を掛ける女性と、悲運な宿命を負った男との出会いと別れというシンプルな物語に、現代の中標津町の酪農家たちの姿も取り入れ、原作から変更された部分もあるが、阿部が演じた流れ者にしてお尋ね者の耕作のせりふは「ほぼ昔のままなんです」と阿部。

 「罪を背負って、北海道まで逃げてきていて、多くを語れないというのが、この男のミステリアスなところでもあり、魅力でもあり、だからこそ恋愛感情を封じなければならない男を演じるのは、役者としての醍醐味でもあり、難しいところでもありました。どこの部分で彼の気持ちが動くのか、最後まで動かないのか、監督との打ち合わせは最後まで続きました」と撮影を振り返り、「監督のリードや常盤さんのすばらしい演技に助けられて、いろんなことを考えさせられながら良い撮影ができ、出来上がった作品を見て感無量の気持ちでいまはいます」と充実した表情。

 常盤も倍賞が演じた風見民子を念頭に「まるでドキュメンタリーを見ているようなお芝居を倍賞さんがされていたので、私も日常の動作をしながらお芝居ができたらいいな、と思いました」と話していた。



関連写真

  • 高倉健さん主演映画リメイク出演に「なぜ、僕なんだろう」と話した阿部寛 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKドラマ『遙かなる山の呼び声』の試写会に出席した(左から)阿部寛、常盤貴子 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKドラマ『遙かなる山の呼び声』の試写会に出席した常盤貴子 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKドラマ『遙かなる山の呼び声』の試写会に出席した(左から)阿部寛、常盤貴子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス