アニメ&ゲーム カテゴリ

劇場アニメ『若おかみは小学生!』泣けるエンドロールの一部を公開

 公開中の劇場アニメ『若おかみは小学生!』で、鑑賞者の間で話題になっていた“泣けるエンドロール”。シンガーソングライターの藤原さくらによる書き下ろし主題歌「また明日」の穏やかな旋律にのせ、劇中の印象的なシーンや劇中では描かれていない物語の背景が描かれたイメージボードが映し出されるというシンプルなものだが、物語の余韻とともにさらなる涙を誘うのだ。そんな話題のエンドロールで流れる、高坂希太郎監督直筆イメージボードの一部がWEB上で公開された。

【写真】その他の写真を見る


 高坂監督は、スタジオジブリの『もののけ姫』や『千と千尋の神隠し』等、宮崎駿監督作品の多くで作画監督として活躍。『茄子 アンダルシアの夏』(2003年)以来、15年ぶりに劇場公開作の監督を務めた本作は、交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館「春の屋」で暮らすことになった小学6年生の女の子・おっこ(関織子)が、ユーレイのウリ坊(立売誠)やライバルの秋野真月に助けられながら、次々とやってくる変わったお客様をもてなすために、若おかみとして毎日奮闘する様子を描いた、笑いあり涙ありの物語。

 公開されたイメージボードは、おっことおっこの父(関正次)が仲睦まじく御神楽(※舞台となる「花の湯温泉」に古くから伝承されている行事)を眺めるシーンを始め、真月やグローリー・水領、ユーレイのウリ坊と美陽といった、おっこの心の支えとなるキャラクターたちとのショットが収められた4点。貴重な私服姿やジャージ姿、さらには明るく元気な性格で笑顔が印象的なおっこが見せるさまざまな表情が、高坂監督ならではの優しいタッチで描かれている。

 本作について高坂監督は「特に刺激の強い表現や、妬みや嫉妬と言った人の負の部分は排し、今時は珍しいかもしれませんがストレートで真面目な表現に重きを置きました」と、一切の手を抜かず、スタッフと一丸になって作り上げた珠玉の90分間。「やはり丁寧にやっただけ、観客の方にも届くものが増えるんです。自分のできることはそれがすべて。いろいろな方のご意見やアドバイスをいただきながらつくった、奇跡のような作品だと思っています」。

 監督の思いは確かに届いているようで、『君の名は。』の新海誠監督や『GANTZ』作者の奥浩哉氏、『モテキ』の久保ミツロウ氏、『ちはやふる』の末次由紀氏などがSNSを通して絶賛。9月21日の封切りから、4週目も前週比92%の高稼働動員を維持し、215劇場中95劇場で前週比100%越えも達成した。19日からはTOHOシネマズ日比谷、新宿、上野)、秋田、仙台、宇都宮、ひたちなか、水戸内原、甲府、上田、ららぽーと磐田、20日からTOHOシネマズ与次郎での再上映、渋谷、日本橋での新規上映が新たに決定するなど、“若おかみ旋風”を巻き起こしている。

関連写真

  • 劇場版『若おかみは小学生!』高坂希太郎監督が描いた“泣けるエンドロール”のイメージボード(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
  • おっことおっこの父が御神楽を眺めるシーン(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
  • 劇場版『若おかみは小学生!』高坂希太郎監督が描いた“泣けるエンドロール”のイメージボード(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
  • 劇場版『若おかみは小学生!』高坂希太郎監督が描いた“泣けるエンドロール”のイメージボード(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
  • 劇場版『若おかみは小学生!』本ポスター(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

オリコントピックス

 を検索