• ホーム
  • 芸能
  • 長江俊和氏、自らメガホン取り『東京二十三区女』連続ドラマ化

長江俊和氏、自らメガホン取り『東京二十三区女』連続ドラマ化

 「お客さん、ご存知ですか。なんでお台場に“お”をつけるか――」「渋谷の地名に“橋”が多いのはなぜでしょう――」。東京23区の実在する土地にまつわる、ただ恐ろしいだけではなく、人間の悲しいドラマや、 ミステリー仕立てのサプライズストーリーの最後に、必ず身の毛もよだつ恐怖の瞬間が訪れる、長江俊和氏の小説『東京二十三区女』(幻冬舎文庫)が、WOWOWで連続ドラマ化される。映像作家でもある長江氏が自ら脚本化し、監督も務める。2019年放送予定。

 1話につき“東京二十三区”の1区のストーリーを1話完結で描く、ホラーミステリードラマ。東京都内の恐ろしい伝説が隠されたスポットを巡る、フリーライターの原田璃々子と、元民俗学講師の島野仁。2人は数々の23区の怪異に遭遇する。失踪した母を求めて、渋谷区の暗渠(あんきょ=地下に設けた水路)に迷い込んだOL。江東区の“夢の島”に死体を隠す愛人の女。老いらくの恋と“池袋の女”の謎。港区を走る深夜のタクシーで、怪異に遭遇する女社長の秘密、など。板橋区の“縁切榎”に運命を翻ろうされる医師の妻。品川区の事件現場を巡る女と鈴ヶ森刑場の怪。 東京二十三区――誰もが知っている“あの場所”の誰も知らない過去をひも解くと「本当の秘密」が浮き彫りになる。

 長江氏は「東京が繁栄した陰には、恐るべき伝承や怪異が数多く存在します。そのことをテーマに『東京二十三 区女』という小説を書きました。今回のドラマ化は、東京二十三区の怪に翻ろうされた人間たちの悲哀や愛憎、狂気の部分に主眼を置いて、描くようにしました。知られざる“東京の怪異”に恐怖してください」とコメントしている。



オリコントピックス