• ホーム
  • 映画
  • 【京都国際映画祭】浅田美代子、樹木希林さんから「下手くそ」 最後のダメ出し明かす

【京都国際映画祭】浅田美代子、樹木希林さんから「下手くそ」 最後のダメ出し明かす

 京都市内を中心に開幕する『京都国際映画祭2018』(11日〜14日)のオープニングセレモニーが11日、世界遺産に登録されている京都・西本願寺の重要文化財である南能舞台で開催した。それに先駆けて囲み取材が行われ、女優の浅田美代子(62)が先月15日に全身がんのため亡くなった樹木希林さん(享年75=本名・内田啓子さん)の思い出を語った。

 自ら企画した映画『エリカ38』(日比遊一監督)は樹木さんの遺作で、存命であれば京都国際映画祭で制作発表を行う予定だった。プロデューサーの奥山和由氏は製作の経緯について、もともと別の企画で出演の依頼をしたところ、久しぶりに会うことになったと明かし、そこで樹木さんから「なにか一緒に企画しないか」とオファーをされたという。1週間もしないうちに同作の企画を伝えられたそうで「最初にお会いしたときから希林さんの頭の中では企画はできあがっていたのかな」と偲んだ。

 デビュー作『時間ですよ』での共演してから樹木さんは身内のような付き合いをしてきた主演の浅田は「希林さんと一緒に来るのが楽しみだった。この作品が遺作と言われていて、私としては申し訳ない気持ちでいっぱい」と胸の内を明かした。

 第一段階の試写も樹木さんは見ていたという。奥山氏は「かなりいろんなダメ出しがあったみたい」と浅田を見やった。奥山氏は「浅田さんの演技は今までの浅田さんとは全然、違う。僕は完璧な演技と思った。希林さんにも言ったんですけど『いや、言葉のくせが抜けてないのよ。別人になってない。ときどき、浅田美代子本人が出る』と」樹木さんの言葉を振り返った。浅田も「私のお芝居のくせがあるらしい。それが抜けてないよ、と。それと、いつも言われてましたけど『下手くそ』と。そんな感じです」と樹木さんからの最後のダメ出しを明かしていた。

 希林さんはレッドカーペットを歩くのを心待ちにしていたそうで「美代ちゃん、映画祭、一緒に行こうね」と何度も声を掛けられたそう。浅田は「そう言ってくれたとき、ほんとに涙が出た」と振り返り「でも、レッドカーペットを見ていてくれているんじゃないかな」と樹木さんに語りかけるように語った。

 同映画祭は、1997年から開催されてきた京都映画祭の伝統と志を引き継ぎ、2014年に誕生し、今年で5回目。「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに、映画以外にもアート、パフォーマンス、工芸などさまざまな分野を対象に展開する。今年のキャッチコピーは「京都上映中。」。映画部門では、京都を代表する巨匠、中島貞夫監督の20年ぶりの長編最新作『多十郎殉愛記』がワールドプレミア上映される。



関連写真

  • 樹木希林さんとの思い出を語った浅田美代子(C)ORICON NewS inc.
  • 『京都国際映画祭2018』オープニングセレモニーの模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス