アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 内田裕也、樹木希林さんの死去で「まだちょっと元気がない」

内田裕也、樹木希林さんの死去で「まだちょっと元気がない」

 先月15日に亡くなった女優・樹木希林(享年75=本名・内田啓子)さんの夫でロックミュージシャンの内田裕也(78)が9日、都内で映画『アンクル・ドリュー』(11月9日公開)のジャパンプレミア試写会にゲストとして参加。樹木さんの死去後、初めて言及した。

【写真】その他の写真を見る


 内田は樹木さん死去後に「穏やかで綺麗な顔でした。啓子 今までありがとう」と感謝し「人を助け、人のために祈り 人に尽くしてきたので 天国に召されると思う。おつかれ様。安らかに眠ってください。見事な女性でした」(原文ママ)とコメントを発表。火葬された際には樹木さんのあごの骨を持ち帰ったことも、義理の息子である本木雅弘が明かしている。また、先月30日に行われた樹木さんの告別式の喪主を務めたが、車いす姿で発言することはなかった。喪主あいさつは内田也哉子が代理で務めた。

 この日も車いすで登壇した内田は、イベント参加は昨年10月に行われた京都国際映画祭以来、約1年ぶり。冒頭のあいさつでバスケットボールをテーマにした映画にちなみ「バスケットボールは日本でも盛大になると確信を持ってました。孫が3人おりますが、1番上の孫はバスケットボールを頑張ってやっております。自分は大したことないと思っていますが、身長が2メートルを越して、ルックスが本木雅弘、内田裕也の血を引いたもので、やたらスタイルもよくて背が高い」と本木と也哉子の長男・UTAを絶賛。そして「今までにないスターになってくれると思う」と期待していた。

 そして、「家族に不幸がありまして、まだちょっと元気がない。(気持ち的には)まだ3日も経っていないので」と絞り出すように樹木さんへの思いを吐露。それでも樹木さんの死去の前に同イベントへのオファーを受けていたそうで「こういうときこそ、ちゃんと出演するのがロックンロール魂」と不屈の精神で登壇を決めたことを明かした。

 最後に「みなさん、映画館に行ってあげてください。俺が真剣にこうやってオススメする映画です。バスケット、ロックンロール!」とPRし「きょうは、コンディションが悪いので、また機会があったら」と締めくくっていた。

 映画『アンクル・ドリュー』は、特殊メイクでNBA選手カイリー・アービングがおじいさんに扮して、ストリート・ボーラーに勝負を挑み、神業プレーを連発する米ペプシコーラのCMを元に作られた青春コメディー映画。カイリーのほか、レジー・ミラーやシャキール・オニールらNBAのレジェンド選手が集結している。内田は何歳になっても熱い思いを胸に仲間と立ち上がる“ロック界のレジェンド”として登壇した。



関連写真

  • 内田裕也 (C)ORICON NewS inc.
  • 内田裕也 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『アンクル・ドリュー』(11月9日公開)のジャパンプレミア試写会にゲスト参加した内田裕也 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『アンクル・ドリュー』(11月9日公開)のジャパンプレミア試写会にゲスト参加した内田裕也 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『アンクル・ドリュー』(11月9日公開)のジャパンプレミア試写会の模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス