アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『カメ止め』スペインでも熱狂&喝采 動員数180万人突破

『カメ止め』スペインでも熱狂&喝采 動員数180万人突破

 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの「シネマプロジェクト」第7弾作品、上田慎一郎監督待望の商業用長編デビュー作『カメラを止めるな!』が、動員数180万人を突破。6月23に都内2館で公開が始まって以降、話題を呼び、10月5日時点での累計上映決定館数は335館(上映中の劇場は242館)と“カメ止め旋風”が止まらない。

【写真】その他の写真を見る


 とどまるところを知らないカメ止め旋風は、海を渡り、海外も席巻。このほど、世界三大ファンタスティック映画祭のひとつ『第51回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭』のステージにキャストのしゅはまはるみ、長屋和彰、大沢真一郎、吉田美紀、浅森咲希奈、山口友和、白岡優7名が登壇し、その喜びを爆発さた。

 『カメラを止めるな!』が出品されているのは同映画祭のファンタスティック・ディスカバリー部門。ファンタスティック・セレクションの一部門にあたるファンタスティック・ディスカバリー部門は新しい才能を発掘するという本映画祭の目標のため、新人作家に焦点を当てる部門。

 10月4から14日(現地時間)で開催されている同映画祭に出品されている長編日本映画(海外合作を除く)は、オービタ部門の『孤狼の血』、ファンタスティック・コンペティション部門『斬、』と本作の3作品のみ。1回目の公式上映は300名ほどの会場が満席で、上映前から熱気に包まれていた。上映前舞台あいさつでは、7名のキャストが大きな歓声と拍手で迎えられた。

 最初にマイクを持った日暮晴美役のしゅはまはるみは「この映画は宣伝費がない映画でしたので、ファンの皆さんが撮った写真や動画をSNSにあげて頂くことを頼りにして、ここまで来ました」と感謝。神谷和明役の長屋和彰は「ここにいる皆さんと、この映画の上映を決めてくださった映画祭の皆さんに感謝しています。是非楽しんでください。最初に映るのが私です!」とすべてスペイン語であいさつした。

 続けて、古沢真一郎役の大沢真一郎は「シッチェスに来られて、こんなにすてきな街に来られて、本当にうれしく思っております。96分観終わった後、皆たぶんゾンビポーズしたくなる作品なので、皆で一緒にゾンビポーズしましょう!」と笑いを誘い、吉野美紀役の吉田美紀は「日本ではもう上映が100日を超えており、今日初の地・スペインでの上映となりますが、海外の皆さんの反応はヒヤヒヤでワクワクでとても勉強にもなります。ぜひ私たちを、そして上田慎一郎の世界をとくとご覧ください!」と監督に敬意を表した。

 そのほか、松浦早希役の浅森咲希奈、谷口智和役の山口友和、白丘AD役の白岡優も、それぞれの思いを語り、大きな笑いや喝采がおくられた。



関連写真

  • 『第51回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭』のステージに登壇したキャスト7人
  • 『第51回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭』のステージに登壇したキャスト7人
  • 『第51回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭』のステージに登壇したキャスト7人
  • 『第51回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭』のステージに登壇したキャスト7人

オリコントピックス