アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 田中圭、次女に嫌われ嘆き 新垣結衣が冷静ツッコミ「そこじゃないですか?」

田中圭、次女に嫌われ嘆き 新垣結衣が冷静ツッコミ「そこじゃないですか?」

 俳優の田中圭が7日、都内で行われた10日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『獣になれない私たち』(毎週水曜 後10:00)トークイベントに主演の新垣結衣松田龍平黒木華らキャストともに出席した。俳優としてブレイクを果たし、同ドラマの劇中では新垣の恋人役を演じる田中。私生活は2児のパパだが、次女から「めっちゃ嫌われてるんですよ…」と意外な父親としての一面を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 新垣と松田のW主演となる同ドラマは、『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』(TBS)を手がけた野木亜紀子氏がオリジナル脚本を担当。そう簡単にホンネは言えず、感情におぼれることもできない、そんな理性的なイマドキの男と女たちの“ラブかもしれないストーリー”を謳っている。

 “このラブかもしれない”にちなんだエピソードを聞かれた田中は、次女が誕生した際を振り返り「一人目のときは未知すぎてわからなかった。時を経て二人目のときは、実感もあるし、純粋に赤ちゃんが『カワイイ〜』と思って惜しみない愛情を注ごうと思ったんですよ。それから2年経って今、下のチビに俺、めっちゃ嫌われてるんですよ。だからそういうことじゃないんだなと思って」とがっくり。

 帰宅して次女を呼んでも「嫌!」と返されるそうで、「僕も『嫌』と言われるたびに、『お前もうなんも買ってやらないからな』ってなってます」と、ついついムキになってしまうことを告白。これに新垣は「そこじゃないですか?」と冷静なツッコミを入れると「わかってると思いますよ。上がいるから言葉の理解も早いのでわかってると思いますよ」と分析した。
 
 そんな新垣から指摘を受けた田中は「そこか!」と腑に落ちたようで「理由わかりました」とあっさり納得。「(帰ったら)『な〜んでも買っちゃうっていう!』」と宣言して会場の笑いを誘った。

 一方、松田は「小学生の時に女の子に気持ちをどう伝えたいかわからなくてスカートめくりをとにかく、し続けて。そしたらクラスの女子全員から総スカンを食らって…」とこちらも独特なエピソードを紹介。松田の行動は授業で議題にもされたそうで「恥ずかしくって下を向いていた」という松田に、田中は「僕も幼稚園のとき、初恋の先生が通る度にスカートの下をスライディングしてました」と深くうなづいていた。



関連写真

  • 日本テレビ系連続ドラマ『獣になれない私たち』トークイベントに出席した田中圭、新垣結衣(C)ORICON NewS inc.
  • (左から)田中圭、新垣結衣、松田龍平、黒木華 (C)ORICON NewS inc.
  • 日本テレビ系連続ドラマ『獣になれない私たち』トークイベントに出席した田中圭、新垣結衣、松田龍平、黒木華 (C)ORICON NewS inc.
  • 日本テレビ系連続ドラマ『獣になれない私たち』トークイベントに出席した田中圭 (C)ORICON NewS inc.
  • 日本テレビ系連続ドラマ『獣になれない私たち』トークイベントに出席した田中圭、新垣結衣、松田龍平、黒木華 (C)ORICON NewS inc.
  • 日本テレビ系連続ドラマ『獣になれない私たち』トークイベントに出席した黒木華 (C)ORICON NewS inc.
  • 日本テレビ系連続ドラマ『獣になれない私たち』トークイベントに出席した松田龍平 (C)ORICON NewS inc.
  • 日本テレビ系連続ドラマ『獣になれない私たち』トークイベントに出席した新垣結衣 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス