• ホーム
  • 芸能
  • 荻野目慶子、大人の愛憎ドラマに参戦「さまざまな顔を持つ女性演じる」

荻野目慶子、大人の愛憎ドラマに参戦「さまざまな顔を持つ女性演じる」

 女優の荻野目慶子が、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』(11月10日スタート、毎週土曜 後11:15)にレギュラー出演することがわかった。これまで数多くの作品で強く艶かしく、そしてしたたかな女性を熱演してきた荻野目だが、今作でも大人の迫力に満ちた“怪演”で“怪しい女性”を存分に魅せてくれそうだ。

 同ドラマは、連城三紀彦氏の『隠れ菊』(集英社文庫)を原作に、木村佳乃主演で40代の男女の激しく濃厚な愛憎を描くラブ・サスペンス。料亭「花ずみ」の御曹司で板長を務める旬平(萩原聖人)の元に嫁ぎ、長年家庭を守ってきた専業主婦の上島通子(木村)。そんな彼女の前に突然「旬平の愛人」と名乗る女・矢萩多衣(水野美紀)が現れる。

 通子は多衣から夫の署名入りの離婚届を突きつけられ、料亭が倒産寸前であることなど、思いもよらなかった事実が襲いかかり、どん底を味わうことに。それでも通子は持ち前の勝ち気で前向きな性格から、多衣に旬平との婚姻届を6000万円で買い取ってもらうことを提案。自らが女将となって料亭を立て直すことを決意し、奮闘する中で、夫を奪った多衣と女のプライドをかけて熱い火花を散らす。

 荻野目が演じるのは、料亭「花ずみ」の仲居・堀口八重。彼女は旬平の母親で通子の姑でもあるキクが「花ずみ」の女将だった頃から仲居として働いており、キク亡き後は女将代理も務めていた女性。通子が新しい女将となった新生「花ずみ」でも、板長の旬平や板前の矢場俊介(青柳翔)と共に料亭で働いていくことになる。八重にとって「花ずみ」は、旬平が板長になる前から長年務めてきた大切な場所。新生「花ずみ」となったことで、その心境は…。そして彼女のある行動によって、通子と旬平は大きな試練にさらされることに…。

 今作への出演について荻野目は、「連城三紀彦さんの小説を初めて読み、予測のつかない展開に引き込まれました。この、生きるプライドをかけた女性の闘いは、激しいけれども潔い。その息遣いを感じてみたいと思いました」と、意気込む。

 役作りについても「女性は、環境、出逢う相手、ホルモンなどにも大きな影響を受けますし、未だに自分の知らない顔が出てきて、自身に驚く事があります。今回、いただいた八重という役も、名前の通り、何枚もの花弁が重なった、さまざまな顔を持つ女性として演じられたらと思っております」と、いろいろ考えがあるようだ。「さまざまな愛の形が心に響くドラマです。エネルギーある俳優陣の火花も楽しみにご覧下さいませ」とアピールしていた。

 放送開始に先駆けて、ドラマ公式ツイッター&インスタグラムを開設。撮影の裏側やキャストの素顔など、ドロドロ愛憎劇の裏側ではどんなことが繰り広げられているか情報発信していく。

■公式ツイッター
https://twitter.com/anawata_ex
■公式インスタグラム
https://www.instagram.com/anawata_ex/



オリコントピックス