ドラマ&映画 カテゴリ

渡辺麻友、ファン400人と主演ドラマクランクアップ「達成感は大きい」

 元AKB48で女優の渡辺麻友が、東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』(毎週土曜 後11:40、22日は深0:00から)をクランクアップした。ファン400人がエキストラとして参加するなか撮了した渡辺は「いざ撮影が始まってしまうと、あっという間に終わりがきてしまい寂しいですね。ドラマの現場はいつもそう思います。さらに今回は主演であり、演じる上で考えることもたくさんあったので、余計そう思います。達成感は大きいです」と感慨深げに語った。

【写真】その他の写真を見る


 最後の撮影となったのはミュージカル『ロミオとジュリエット』のシーン。都内近郊の劇場を借りて、早朝から日が暮れるまでたっぷり時間をかけて収録された。午前中は、ロミオとジュリエットが舞踏会で運命的に出会う場面の撮影で、第1話にも舞子(紺野まひる)主演で登場したが、最終回の“ロミジュリ”は、それをさらにバージョンアップさせたもの。舞台が大きくなり出演する人数も増え、より華麗に、よりダイナミックな演出となっている。

 そしてクライマックスの撮影ではファン400人は観客として見守るなか、純白のドレスに身を包んだ渡辺が、舞台に登場すると「オオッ!」と歓声が上がった。悲恋の定番である“ロミジュリ”だが、今回の作品ではこれまでにないエンディングとなっており、これには観客役のファンもびっくり。撮影が無事終了すると会場から大きな拍手が沸き起こった。

 “殺人者の妹”として、苦難の人生を歩んできた主人公の北園ひかりを演じきった渡辺。ひかりが唯一夢中になっていたのがミュージカルという設定から「『いつかこの雨がやむ日まで』のような内容の作品に出演するもの初めてですし、まさか最後に撮影するのがミュージカルの舞台の場面だなんて。気持ち的に、さらにひかりにリンクして演じられました。こういうスケジュールを組んでいただき、ありがたかったです」と感謝を込めた。

 そして「温かいスタッフさん、キャストの皆さんに支えられ素晴らしい環境の中、演技について学ばせていただきました。ぜひ最終回まで見てくださいね」とあいさつする渡辺のもとに、ひかりの幼なじみ・和也を演じた堀井新太が花束を持って現れるサプライズが。「和也としてぜひ、ひかりを労いたくて」と話す堀井に渡辺は「和ちゃん優しい!」とその気遣いに感激していた。

関連写真

  • オトナの土ドラ『いつかこの雨がやむ日まで』北園ひかり役の渡辺麻友(C)東海テレビ
  • オトナの土ドラ『いつかこの雨がやむ日まで』ファンとクランクアップした渡辺麻友 (C)東海テレビ
  • オトナの土ドラ『いつかこの雨がやむ日まで』北園ひかり役の渡辺麻友(C)東海テレビ
  • オトナの土ドラ『いつかこの雨がやむ日まで』北園ひかり役の渡辺麻友(C)東海テレビ
  • オトナの土ドラ『いつかこの雨がやむ日まで』第7話場面カット(左から)斉藤由貴、渡辺麻友(C)東海テレビ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索