ドラマ&映画 カテゴリ

伊勢谷友介、『サバ婚』撮了 最終話では衝撃の丸刈りスタイル披露

 俳優の伊勢谷友介が、22日に放送される日本テレビ系連続ドラマ『サバイバル・ウェディング』(毎週土曜 後10:00)最終回のクランクアップを迎えた。印象的な刈り上げカットともこれでお別れとなるが「監督とプロデューサーと何度も話し合いながら宇佐美の格好を作っていったのですが、放送開始して視聴者に受け入れてもらえるまで、鏡を見ては不安でした(笑)」と本音を明かして笑いを誘った。

 宇佐美は、勤めていた出版社を寿退社した日に、恋人に婚約破棄されてしまった主人公・黒木さやか(波瑠)を「半年以内に結婚しないとクビ!」という無茶な条件で復職させた人物。波瑠から花束を受け取った伊勢谷は「長ぜりふが多い撮影の中、なかなかセリフが出てこなかったり、迷惑をかけてしまうこともありましたが、みなさん最後まで笑顔でいてくださったので本当に助かりました。本当にありがとうございました!」と感謝を込めた。

 毒舌・ナルシストぶりをさく裂してきた宇佐美だが、伊勢谷は「宇佐美の特徴は、一にも二にも“セリフ量”です。宇佐美の発言は情報量が多く、とめどなく言葉が流れてくる雰囲気だったので“テンポも速く、リズムもよく”という話のペースをこだわりました。思考よりも早く話しているときがあって、それを自分に仕込んで撮影に望まないといけなかったので、普段の感情をこめて演じるお芝居よりも難しかったです」と一癖あるキャラクターに苦労も。

 また、その髪型について「宇佐美というキャラクターが普通ではないので、外見も普通じゃないような様子にしておかないと、逆に役がハマってこないと思ったんです。それでひねった格好にすることで、わざとらしい演技もなじんでくるような、そんなキャラクター作りを心がけました。そして…カツラが熱かったですね」とぶっちゃけていた。

 部下であるさやかを演じた波瑠については「実際に会ってみると本当に透明感のある方でした」と伊勢谷。「僕のセリフがなかなかうまくいかないときも、3クール続けて連続ドラマをやっている主演とは思えないほどの優しい笑顔で最後まで見守ってくれて、凄くありがたかったです。好きっす!」とアピール。数多くの名言を語ってきた宇佐美だが「本当にいいセリフばかりなんですが、最後のが特にいいです! 一番僕の頭に残っている名言を、最終回でぜひご覧ください!」と期待をあおっていた。

関連写真

  • 土曜ドラマ『サバイバル・ウェディング』をクランクアップさせた伊勢谷友介 (C)日本テレビ
  • 最終話で伊勢谷友介が衝撃的な姿に… (C)日本テレビ
  • 土曜ドラマ『サバイバル・ウェディング』最終話(C)日本テレビ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索