ドラマ&映画 カテゴリ

広瀬すず、主演映画で初コメディー「ずっと憧れがあった」 堤真一&吉沢亮ら共演

女優の広瀬すず(20)が、CMプランナー・澤本嘉光氏によるオリジナル脚本映画『一度死んでみた(仮)』(2020年公開)で主演を務めることが9日、わかった。キャリア初となるコメディー作品への出演に「ずっと憧れがあったので、今回挑戦させて頂けると聞いて楽しみではありますが、面白くできるかどうか、楽しめる余裕があるか不安です」と、新境地開拓に向けて本音を明かした。

同作は、父親のことが死ぬほど嫌いな女子大生と、「少しだけ死ぬ薬」で“おばけ”になってしまった父親を巡って巻き起こる騒動を...

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索