アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 柳楽優弥、奥田瑛二と父子役 “AI”が普及した近未来のホームドラマ

柳楽優弥、奥田瑛二と父子役 “AI”が普及した近未来のホームドラマ

 俳優の柳楽優弥が、来年1月5日にNHK総合で放送予定の土曜ドラマ『母、帰る〜AIの遺言〜』(後9:00〜9:49※単発)で主演を務めることが発表された。同作は、“介護AI”が普及する近未来を舞台に、人工知能によって導かれた家族の崩壊と再生を描くホームドラマ。柳楽は主人公・直人を演じる。

 養父(奥田瑛二)との養子縁組を解消しようと、母の葬式以来久しぶりに実家に帰省した直人。そこで彼を出迎えたのは死んだはずの母の声だった。急死した母は自分の記憶を埋め込んだAIを遺していたのだ。会話の途切れがちな父子の間をとりもつようにスマートフォンからしゃべりつづけるAIの声は、まるで母が生きていた頃をほうふつとさせ、直人を混乱させる。

 そしてAIの母に甘え、元気を取り戻していく父にいらだちを募らせていく直人。やがて大げんかに発展し、AIを消去することになった時、直人は父の真実の姿を知ることになるが…。

 ほかに、岸本加世子市川実日子野間口徹などが出演。撮影は9月中旬より富山県高岡市・黒部市・富山市で行われる予定。



関連写真

  • 2019年1月5日、NHK総合で放送予定の土曜ドラマ『母、帰る〜AIの遺言〜』に主演する柳楽優弥
  • 奥田瑛二

オリコントピックス