• ホーム
  • 芸能
  • 松本まりか、『ケンカツ』で怪演再び 育児放棄の母役で吉岡里帆とバトル

松本まりか、『ケンカツ』で怪演再び 育児放棄の母役で吉岡里帆とバトル

 女優の松本まりかが11日放送のカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(毎週火曜 後9:00)第9話に出演することがわかった。松本が演じるのは主人公で新人ケースワーカー・義経えみる(吉岡里帆)が気にかける高齢受給者の丸山幸子(小野和子)と孫のハルカ(永岡心花)の目の前に現れる、娘を残し4年間も男と姿を消していたハルカの母・梓。育児放棄しながら、えみるに攻撃的な態度をみせる役として『ホリデイラブ』でも話題を呼んだ“怪演”ぶりをみせてくれそうだ。

 『ホリデイラブ』で主人公夫婦を引っかき回す不倫妻・里奈役を演じ、その“あざとかわいさ”と狂気の沙汰で一躍注目を浴びることに。今回、えみるたちの前に突然現れた梓は、自分も生活保護を受けたいと申し出るが、えみるに失踪した理由を尋ねられると態度が豹変し…。

 さらに、狂気じみた役が続いているが「壊れているという意味では一緒だけれど、“ゆるふわ”ではないですよね(笑)。表面上は全然違うかもしれない。だけど、男性に対して依存しているってところは一緒です。色々、梓の成分を出してみると、里奈と重なるところがありますね」と分析。感情の起伏が激しい役という点では共通点もあるが「疲れはしないですね。集中できてたり、演じてる中で新しい発見や、その役や相手役を理解できたりする瞬間があると、逆にエネルギーが溢れてくる。いい疲れは疲れないです。梓のことはなかなか理解し難いですが、彼女の目でその景色を見たいんです」と笑顔を見せた。
 
 梓と対峙するのはケースワーカーになって2年目、“成長したえみる”。吉岡の印象については「里帆ちゃんはかわいくて明るくて一生懸命でほんとにえみるそのもの! そんな里帆ちゃん始め今回のスタッフキャストの皆さんには沢山救われているので、役的に顔には出せないけど、本当にありがたいなと密かに幸せを感じながら撮影しているんです」と満足げだ。

 最後には「この人を更生させるのは、無理なんじゃないかって思う暴れ馬・梓と“成長したえみる”がどう戦うか。それと梓の心の葛藤が垣間見えるところは、人間らしく、その人が育ってきたなりの精一杯の感情がでています」と見どころをアピール。「最終話のゲスト出演だと、アウェー感があるんですが、本当に皆さん、愛がある。優しくしてくださってすごくうれしいです。楽しんじゃいけないんだけど。楽しくて困っちゃう(笑)」と充実した撮影の裏話を語っていた。



オリコントピックス