• ホーム
  • 映画
  • 司馬遼太郎さん、名著『峠』が初映画化 役所広司が主演

司馬遼太郎さん、名著『峠』が初映画化 役所広司が主演

 小説家・司馬遼太郎さんの名著『峠』が映画化されることが3日、わかった。『峠 最後のサムライ』(2020年公開)と題し、役所広司が主演、松たか子佐々木蔵之介仲代達矢ら豪華俳優陣が脇を固める。

 同作は、徳川慶喜による大政奉還も奏上され、260年余りに及んだ江戸時代が終焉を迎えた幕末が舞台。動乱の時代に、幕府にも官軍にも属さず、小藩・越後長岡藩の中立・独立を目指した「河井継之介」を主人公に据え、藩の運命を賭けて混乱期を生きた“最後のサムライ”の生涯を描く。

 主演の役所は「世界中で知られている“サムライ”という美的人間の代表でもある河井継之助を、背筋を伸ばし気持ちを引きしめて撮影に臨みたいと思います」と気合十分。継之助の妻・おすがを演じる松も「継之助さんの夢の邪魔をせぬよう、役所さんの足を引っ張らぬよう、先輩方から学べることに感謝しながら努めさせていただきます」とコメントを寄せている。

 監督・脚本は、キャリア初となる本格的な合戦アクションに挑む小泉堯史氏。キャスト陣は、役所らのほか、田中泯香川京子坂東龍汰永山絢斗芳根京子榎木孝明渡辺大矢島健一、山本學、井川比佐志、東出昌大吉岡秀隆が名を連ねる。



関連写真

  • 司馬遼太郎さんの名著『峠』を豪華俳優陣で映画化
  • 小説家・司馬遼太郎さんの名著『峠』

オリコントピックス