ドラマ&映画 カテゴリ

芦田愛菜『まんぷく』語りに抜てき「見守るような存在で」

 女優の芦田愛菜(14)が、10月1日スタートのNHK連続テレビ小説『まんぷく』で語りを担当することが27日、わかった。今作で99作目となる朝ドラで、全編通して語りを務める中で最年少となる(※語りの最年少は、2011年後期『カーネーション』第1週のみ9歳で務めた二宮星)。

【写真】その他の写真を見る


 本作のモデルとなるのは、日清食品創業者の安藤百福(あんどう・ももふく)氏と妻の仁子(まさこ)氏。戦前から高度経済成長時代にかけての大阪を懸命に生き抜く夫婦が、失敗してはどん底から立ち上がる“敗者復活戦”を何度も繰り返した末、「インスタントラーメン」の開発に成功する波乱万丈の物語を描く。ヒロインの福子を安藤サクラ、夫の萬平を長谷川博己が演じる。

 芦田は「“朝ドラ”に出演するというのは、私自身、女優としてお芝居を続けていく上での目標の一つであるので、今回、語りという形で参加させていただけて、とても光栄に思っています」と抜てきに喜び。「ナレーションでシーンを壊してしまわないように、いい意味で存在感を消し、福ちゃんたちを少し離れたところから見守るような存在でいられるように心掛けたいと思います。福ちゃんが萬平さんを支え、強くなっていく姿を、視聴者の皆様と一緒に応援しながら、この、まんぷくという物語が楽しく、親しみ深いお話だと感じていただけるように精いっぱい努めさせていただきます」と意気込んでいる。

 また、音楽は『梅ちゃん先生』や大河ドラマ『花燃ゆ』を手がけた川井憲次氏が担当することも決定。「今回は大阪が舞台で、大正時代に作られた遊園地のルナパークがひとつのポイントになっており、音楽も当時の雰囲気を表現できれば、と想いました。とはいえ、レトロ感を追求したわけではなく、福子や萬平が行きた時代の楽しさや勢いみたいなものが出されば、と思って作曲いたしました」とコメントした。

関連写真

  • 10月1日スタートのNHK連続テレビ小説『まんぷく』で語りに抜てきされた芦田愛菜 (C)ORICON NewS inc.
  • 10月1日スタートのNHK連続テレビ小説『まんぷく』音楽を担当する川井憲次
  • 10月1日スタートのNHK連続テレビ小説『まんぷく』語りを担当する芦田愛菜

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索